ネットやテレビで話題のニュースに関して、編集部が独自の切り口で取材調査をする「ソコ行く!?ソレ聞く!?取材班」のコーナー。今回も興味深いお話を伺ってきました!

相次ぐAKBメンバーの卒業

Licensed by gettyimages ®

2016年6月18日、『第8回AKB48選抜総選挙』の開票イベントにて、AKB48初期メンバーである小嶋陽菜さんの卒業が発表されました。これまでAKB48の中心メンバーとして長年活躍してきた通称「こじはる」の「やっと卒業します!」宣言は、全国のファンに大きな衝撃を与えました。ネットの反応を見てみると…。

NMBのトップメンバーも

出典 https://www.amazon.co.jp

最近ではNMB48の人気メンバー“みるきー”こと渡辺美優紀さんがホームグラウンドの難波NMB劇場で卒業公演を披露。「最高のアイドル人生、幸せでした」という言葉とともに5年半の活動期間に終止符を打ちました。

推しメン卒業後、オタはどんな活動をしているのか?

かつての主要メンバーがどんどん卒業していくことに、往年のファンたちもショックを隠し切れないようです。

今年の春にはAKB48初代・総監督である高橋みなみさんも卒業するなど、これまでも人気メンバーが次々と卒業してきたAKB48。でも、そこで 気になるのは「推しメン(好きなメンバー)が卒業した後、ファン=オタはどうしているの?」ということ。

熾烈を極めるAKB48の総選挙。中には、投票券を手に入れるために、1,000枚以上ものCDを購入する猛者もいます。それも、すべては推しメンのため。

では、熱狂的なオタたちは、推しメンが卒業した後はどんな活動をしているのでしょうか?かつて中心メンバーであった前田敦子さん、篠田麻里子さん、板野友美さんのオタの方々にそれぞれお話を聞いてみました!

ーー卒業してしまった推しメンを応援するために、現在はどのような活動をされていますか?

「篠田さんのファンクラブイベントはもちろん、1日署長のようなイベント、出演映画やドラマの番宣(番組宣伝)イベントなどにも参加しています。一時期はレギュラー番組の出入待ちなども毎週していました。あとは、篠田麻里子さんの『誕生日お祝い企画』を中心に、お花やプレゼントを贈ったり、オリジナルグッズを作ったりしています」(篠田麻里子さんオタ・Kさん)

「私は、前田さんが出演する舞台挨拶やファンクラブ向けイベントがあれば、能な限り参加するようにしています。また、『生誕企画』はAKB48を卒業した後も小規模ながら行っており、私も1人のメンバーとして毎年活動しております」(前田敦子さんオタ・Iさん)

なるほど。推しメンのバースデーは、卒業してしまった今でもお祝いしているんですね。メンバーへの深い愛が感じられます。

ただ、卒業してからはメンバーに「会える」機会が減っているのも事実。会えなくなったことに対して聞いてみました。


卒業前と後で、気持ちに変化はあるのか?

ーー推しメンがAKB48に在籍していたときは、「会いに行く」こともできたはずですが、卒業後の今は彼女たちと会える機会が減ってしまったと思います。寂しさを感じることはありますか?

「AKB48在籍時は、私は実際に会いに行き、どうでもいいような話をして盛り上がったりすることが楽しかったです。今はほとんどできないのが寂しいですね。でも、SNSやファンクラブサイトでの発信をしてくれるので、それだけでうれしいと感じています」(篠田麻里子さんオタ・Kさん)

「私はあまり寂しいという気持ちはありません。確かに以前よりも会う機会は減りましたが、成長した板野さんの姿を観ることが楽しみだし、もともと『ハイタッチ会』でも大した話をしていないので(笑)。今は、メディアなどで板野さんの顔を見られるだけいいと思っています」(板野友美さんオタ・Oさん)

ふむふむ。会いにいける・行けないの差は、人によって寂しさの感じ方が違ってくるのかもしれません。一方で、卒業後の姿を追いかけるうれしさもあるようです。

卒業後の「体当たり演技」への心境は…?

AKB48卒業後には、役者として活動を始める元メンバーもいます。例えば、前田敦子さんは2016年4月から6月まで放送されていたドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』で、キスシーンやベッドシーンにも体当たりで挑みました。オタとしては、複雑な感情になるのでは…?率直な感想を聞いてみました。

ーー『毒島ゆり子のせきらら日記』は、ファンとしてどのような印象を受けましたか?

「前田さんにとって、今後、女優活動を長く続けていくのであれば必要な経験だと思っていましたので、私はショックを受けるというようなことはありませんでした。むしろ、どのような演技をするのか楽しみにしていました」(前田敦子さんオタ・Iさん)

アイドルの「あっちゃん」ではなく、女優の「前田敦子」さんとして、ドラマの出演を肯定的に受け止めていらっしゃるようです。かなり過激なシーンが多いドラマに対して、「演技が楽しみ」といえるIさんには懐の深さを感じます!

Kさん、Iさん、Oさんの3人は、今も推しメンを応援し続けているわけですが、中には卒業後ファンを辞めてしまう方もいるようです。なぜ辞めてしまうのでしょうか?意見を聞いてみました。

卒業してファンを辞めてしまうのはなぜ?

ーー卒業によってファンをやめる方もいると聞きます。なぜやめてしまうのでしょうか?

「卒業したことによりファンを辞めてしまうというのは、卒業したメンバーそのものではなく『AKB48にいる時の』メンバーが好きなのではないかと思います。また、スキャンダル記事でることで、熱が冷めてファンを辞めてしまうのかもしれませんね」(前田敦子さんオタ・Iさん)

単純に会えないからだと思います。AKB48在籍時は頻繁に会うことができ、時間を共有できました。出演した番組の話や公演の話などもリアルタイムで話せました。会えばいろんな反応ももらえるので、心が満たされていた人が多かったんだと思います。ただ、地方のファンなど、AKB48在籍時に会えなかった人たちにとっては、状況がそこまで変わらないこともあるので、その場合はダメージはそれほどないようです」(篠田麻里子さんオタ・Kさん)

「アイドルが成長していくとともに、ファンの方の環境も変わっていくからではないでしょうか。それがたまたま卒業というタイミングと重なっただけだと思います。10年以上も活動していればファンの方の入れ替えがあって当たり前だと思います。確かに昔からのファンの方は減りましたが、新しいファンも増えたことはうれしく感じられます(板野友美さんオタ・Oさん)

なるほど。卒業する推しメンに対するファンの心境はさまざまなようです。AKB48の魅力のひとつに、握手会・撮影会などで「会いに行ける」ことが挙げられます。そのため、卒業によってそれが叶わなくなってしまうことは、一部のファンが離れる理由にもつながるようです。

しかし、卒業後に新しくファンになる方や、今回、お話をお聞きした3人のように変わらず応援をし続ける方がいるのも事実。どの方のご回答からも、推しメンへの熱い思いや優しさが伝わってきました。

今年はすでに多くの卒業メンバーがいるなど、引き続きその動向が見逃せないAKB48。元メンバーのソロ活動をテレビなどで見かけた時は、彼女たちの活動を応援し支える、ファンたちの声援や反応にも注目してみてくださいね。

※今回の取材にご協力いただいたファンの皆様には、メール及び電話での取材を行っております。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス