出典 http://ameblo.jp

記事提供:空間心理カウンセラー 伊藤勇司オフィシャルブログ

こんにちは。

片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

伊藤は空間心理カウンセラーの仕事を通して、

「もったいないなぁ」と、感じることが非常に多いです。

・才能があるのに
・魅力があるのに
・素晴らしい力があるのに

「自分には何もない」と、思っていらっしゃる方が多いのです。

あなたもそんな人を見たら、

「もったいないなぁ」と、感じはしませんか?

ちなみにこの『もったいない』という語源の由来には、

「神聖なもの」「重要なもの」

を粗末に扱うという意味が含まれています。

あなたは神聖な存在であり、あなたは重要な役割を持った存在。

なのにそんな自分を粗末に扱うのは、自分に失礼ですね。

ちなみに、

『もったいないから捨てられない』

と、おっしゃっている人ほど、

【そのものをあまり大切にしていない】

傾向にあります。

大切に保管しているようで、埃が被った状態になっている。

保管ではなく【放置】しているといった方が、適切な表現かもしれません。

伊藤が磨く掃除を、なぜ重要視するかというと、

【大切に扱う】

という習慣形成が自然とできるからです。

捨てることを意識するのではなく、大切に扱うことを意識する。

これはやってみた人にしかわかりませんが、

大切にするという行為は、

【数をこなせないし時間がかかる】

ものです。

そして、適当にできる行為でもありません。

だからこそ、そういった行為を通して、

・本当に大切にすべきもの

が、おのずと見えてくるようになり、

・本当に大切なものだけを取り入れて
・本当に大切にしたいもののために時間を使う

という行動を自然に行うようになります。

そのプロセスが結果的に、

【捨てる】

ことに、つながっていくのですね。

そういった磨くという行為は、そのものの全体を感じることにつながります。

この全体性を感じることが、人生においてとても重要なこと。

ちなみに他人はあなたの一瞬一瞬しか捉えていないものです。

親や家族も一緒にいる時間は長いけど、それでもあなたの人生の一部分しか捉えられません。

でも、あなたは違いますよね。

あなたはあなたのことを24時間365日、一生を通して感じ続けている存在。

つまり、あなたの心の中にいるもう一人のあなたは、

【長い年月をかけてあなたを側でずっと見守っている】

のです。

他人は一瞬を見ている。

あなたは一生(全体)を見ている。

この違いを、あなたは普段から感じていますか?

もちろん、他人の言葉を参考にすることはとても大切なことです。

でも、大前提として、

【他人はあなたの一部分を見てアドバイスしている】

ということは念頭においておきましょう。

他人からのアドバイスは、あなたの全体性ではなく一部について。

逆に、あなたの心の声が発する言葉は、あなたの全体性の観点からくるアドバイスです。

そう捉えた時に、自分の心が発するアドバイスの方が、圧倒的に重要であると感じませんか?

「もったいない人」から脱出するためには、自分の心の声のアドバイスを聞ける自分になることが大切です。

そうすると逆に、

あなたの一部分を見てアドバイスしてくれる他人の言葉も、素直に受け入れながら活かせるようになるものです。

あなたの心は、今何を叫んでいますか?

一度立ち止まるということは、何もしないということではなく、

心の声に耳を傾けるということです。

あなたの心の声を、1日1日単位で大切に感じていきましょう。

出典 YouTube

P.S ブログ内容を音声バージョンでも収録してみました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス