古き良き日本の伝統「手ぬぐい」を使った…

結ぶだけで出来る「手ぬぐいペットボトルホルダー」

これが、手軽で簡単!その上、なかなかのオシャレアイテムだったので紹介したいと思います。

便利で役立つハウツー動画をアップしているYouTubeチャンネル『教えて!goo』が紹介していたこのライフハック。なお、実際に私も試してみましたが、制作時間3分未満にも関わらず、想像以上の存在感、また、オシャレっぷりを発揮!

これは試す価値…大ありですよ!

使用するのは

■手ぬぐい 1枚(30cm×90cm)

のみ!

この手軽さも、このライフハックの良いところですね。

では早速ですが、手ぬぐいペットボトルホルダーの作り方を説明していきたいと思います。

まず、用意した手ぬぐいを裏返しにして

ペットボトルの飲み口部分が、手ぬぐいから出るように置きます。
(注:30cm×90cmにこだわらなくても大丈夫です。ちなみに、私は100円ショップで手ぬぐいを購入しましたが、35cm×90cmでした。)

次に、手ぬぐいの両端を持ち、ペットボトルと、飲み口部分との間で一回(一重結び)結んで下さい。
(2回結ぶ、固結びにならないようにご注意下さい。)

ここからちょっとだけコツがいるのですが、手ぬぐいの両端(90cmの方)を持ち

ペットボトルを包み込むように、両端から手ぬぐいを被せて下さい。

十分に包まれていないと、ペットボトルが落下する恐れがありますので、見た目の美しさにも気を配りながら、ペットボトルをしっかりと包んで下さいね。

続いて、残った生地をねじり…

根元部分を一重結びで固定。

さらにねじった手ぬぐいを

最初に結んだ、ペットボトルの飲み口部分に、下から上へと通し

持ち手を整いたのちに、一重結びして下さい。

あとは、最初に結んだ一重結びを、もう一度結び、固結びにすれば…

手ぬぐいペットボトルホルダーの完成です!

では、ややこしい箇所が何か所かありますので、動画にて今一度制作手順、ご確認下さい!

出典 YouTube

これは試す価値あり!

お洒落なのはもちろんのこと、バッグ内を濡らしたくない時にも活躍するうえ

持ち手がある為、凍ったペットボトル等を持つ際にも大活躍必至の「手ぬぐいペットボトルホルダー」。これは覚えておいて損はありませんね。

慣れてしまえば、本当に3分もかからない…この手ぬぐいを使ったライフハック。是非、生活にお役立て下さい!

ペットボトル関連のライフハック。こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス