出典 http://ameblo.jp

記事提供:Techinsight

10代のカップルを中心に自分たちがキスする姿を撮って動画をネットに投稿する人が増えている。

お昼のバラエティ番組『バイキング』ではスタジオに集まった9人の若者のうち5人は「周囲の友人が(キスする姿を)投稿している」という。さらに自身が彼氏とのキス動画を投稿していると明かす女子もいた。

昨年の5月に『NEWS ZERO』(日本テレビ系)や『あさイチ』(NHK)なども特集した「10代のキス動画投稿」について、8月15日放送の『バイキング』(フジテレビ系)が取り上げた。

この日は“夏休み特別企画・怒れる未成年たち”をテーマに高校生くらいの年齢を中心とした10代の男女9人が討論に参加した。

話題の1つに「17歳女子、大人への怒り キス動画の投稿、何がいけないのか?」という訴えに対して「納得する」か「異議あり」の二択で出演者と視聴者へアンケートをとった。

若者9人のうち5人は友人がキス動画を投稿しており、自らも彼氏とキスする姿をアップしているという19歳女子は「ラブラブでハッピーなところを皆に見てもらい微笑ましがってほしい」と理由を説明する。

他の女子が「今の彼と別れて次の彼氏がそのキス動画を見て気にしたらどうするのか?」と追及すると「そんなネチネチしてんじゃねえよ!と思っちゃう」そうだ。

若者や坂上忍武井壮などレギュラー陣には「納得する」派が少なくなかった。「キス動画を撮るのはよいが、投稿したらYouTubeだと一生残るし、ダウンロードされて悪用されるリスクがあることは知っておくべき」との前提によるものだ。

学生の就職活動に関わる尾木ママによると「企業の40%は就活生が過去にキス動画を投稿していないかを調べている」とのデータがあるそうだ。中学生や高校生の時に投稿していてもアウトだと聞いて19歳女子はショックを隠せなかった。

視聴者へのアンケートでは「(キス動画投稿に)納得 8%」「キス動画投稿に)異議あり92%」という結果になり、坂上忍も「親御さんとしては当然の気持ちだと思うよ!」とうなずいていた。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス