「まるで姉妹のようだ」三人の関係にも賞賛の嵐。

女子団体で銅メダルを獲得した日本。最後まであきらめずみんなで勝ちとった銅メダルと口をそろえて喜ぶ姿、感動しましたよね。もちろん実力のある三人ですが、今回のリオでは思うように勝てずそれぞれ悔しい思いもしていた姿をまるで私たちも親族のように見守ってしまったように思います。
まるで三姉妹のようだといわれるそれぞれのインタビューは胸をうたれました。

心優しく責任感の強い長女。福原愛

27歳最年長の福原愛選手。国民的アイドルのような存在で幼いころから卓球一筋の彼女。泣き虫愛ちゃんと小さい頃は言われていましたが、今回涙を流したのは銅メダルをとったうれし涙だけでした。ドイツ戦で思うようにプレーのできなかった伊藤選手を気遣い泣かないように歯を食いしばったそうです。各選手を研究した資料をおしみなく見せたり、いつでも一緒に戦っているようにアドバイスをしたり、失敗しても大丈夫と声をかけているなど頼りになる姉のような存在でした。

本当によかったです・・・。
ごめんなさい・・・本当に足をひっぱってばっかりで、みんなに感謝しています。

おとといもまけてしまって何度も思い出しては後悔していました。

出典団体3位決勝戦後 福原愛インタビュー

皆さんと同じで、祈るしかできなかったので、全神経を美誠に注いでいました。

出典団体3位決勝戦後 福原愛インタビュー

ものすごくいい試合もあったんですけど、悔しい試合もそれと同じくらいあったので、とても本当に苦しい…苦しいオリンピックでした。

出典団体3位決勝戦後 福原愛インタビュー

いかがでしょうか?これほどまでに自分を追い詰めていたにもかかわらず、気丈にキャプテンとして最後までチームの中心として支えていた彼女の姿を思い出すだけでも涙がでそうになりますよね。それほどオリンピックとは重圧が高いものなのでしょう。彼女はなんて心が強い女性なんだろうと感動したかたも多いのではないでしょうか。自分のミスを認め、そして年下のメンバーに敬意をしめす。真のアスリートですよね。かっこいいです。

負けず嫌いでしっかり者の次女。石川佳純

日本のエースをして期待を背負っていた23歳の石川佳純選手。シングルスでは、おもうようなプレーができず、悔しい思いをしました。だけど、彼女のすごいところは、いつも前向きなところ。団体戦では必ずメダルを取るという意気込みが伝わり気持ちの切り替えも大変早いところも魅力です。ストイックに試合直前まで準備する姿や自分の芯を曲げずにいて年上年下に挟まれてもあくまでも自分のスタイルを崩さない強い精神力は、まさに真ん中っこのイメージ。

最高です。よかったです。メダルをとれてよかったです。

出典団体三位決定戦後 石川佳澄インタビュー

今日の試合は昨夜(ドイツ戦)負けてすごくくやしかったので、0対1でまわってきても絶対に自分が1,1に戻すんだと思っていました。

出典団体三位決定戦後 石川佳澄インタビュー

最初にうれし泣きをしてその後に切り替えてハキハキ話す石川選手は、きっと、竹をわったようなさっぱりした性格なんだろうなと思いました。負けて悔しいかったから絶対に勝ってやると垣間見える気の強さとともにインタビューの最後に笑顔でダブルピースで終わるというとてもキュートな一面もありました。生まれ持った人を人を惹きつけることのできるスター選手ですね。

甘え上手で天真爛漫な三女。伊藤美誠

奇跡の15歳といわれるほど、かわいらしい笑顔の伊藤選手。でも、試合がはじまると別人のよう強いまなざしになりますよね。だけど、試合の合間などは福原選手を本当にお姉さんのようにしたってる場面が多々ありました。アドバイスも真剣にすべて吸収しているようにも見受けられ素直でがんばりやさんの妹というかんじだったとおもいます。よくお姉ちゃんのまねをしていたら妹の才能が開花したという話がありますが、まさにそういう感じがしました。

自分は、いつも声に出さない人なので、落ち着いてゆっくりやってそこから最後勝ったときに声を出そうと思っていたので、(勝ってよかったとうながされて)
はい・・・うふふ そうなってよかったです

出典団体三位決勝戦後 伊藤美誠インタビュー

(お母さんの顔見えましたか?と記者に聞かれて)

いや、ちょっと身長がちっちゃくて見えなかったです・・・・。
おじいちゃん、おばあちゃんはちょっとみえたんですけど、おかあさんは残念、
残念ながらみえなくて・・・あはははは

出典団体三位決勝戦後 伊藤美誠インタビュー

終始本当にニコニコとかわいらしいインタビューでした。会話の途中や最後はいつも笑っていて愛くるしい様子に記者の方もまるで近所のお兄さんのようなインタビューの声になっていましたね。福原愛選手など先輩にかわいがられていることがよく伝わりました。
素直だけど負けん気が強いところは東京オリンピックでは更に才能が開花するのではないでしょうか?

いつでも見守るお父さん。村上恭和監督

卓球女子団体を支えてきた村上監督。タイムの時に監督だけではなく、福原選手がアドバイスをしているのも隣でうなづきながら共に考えながら闘っているという姿をみて、三選手のことを常に尊重し信頼の厚い監督何だろうなという印象をうけました。
伊藤選手のときに、ときどき笑顔がこぼれていたのは、本当のお父さんみたいでしたね。

(活躍した選手のことを聞かれて)最後は全員の勝利ですからうれしいです。

出典団体三位決定戦後 村上監督インタビュー

(福原愛選手について聞かれて)
トップで負けたことがチームの負けに・・・(言葉を つまらせ何度かいいかえる)
負けてしまうんじゃないかということで・・・ダブルスすごくがんばりましたよね。
さすが、オリンピック4回目の経験者だと思います。

出典団体三位決定戦後 村上監督インタビュー

活躍した選手だけをほめるのではなく、キャプテンとしてチームを支えてきた福原選手のことを心からたたえている姿に感動しました。福原選手が聞いて胸を痛めないように言葉を選び、最後にはさすがオリンピック4回目経験者だと言う言葉を最後にしめくくりました。やはり、監督の目から見ても、この勝利は福原選手あってのこととの思いからでしょう。すばらしいチームだと思いました。

愛ちゃんのチームを想う気持ちは金メダル。

もちろん銅メダルを取ることもすごいことです。だけど、いちばんいい色を目指して練習してきた選手たちにとっては、やはり金メダルが一番ほしいものなのでしょう。しかし、このたびの日本女子チームのチームワークはどこの国の選手より勝っていたとおもいませんか?一生懸命、応援する愛ちゃんの姿も話題になりました。

卓球 女子団体3位決定戦 (日本 vs シンガポール) 第3試合 (福原愛-伊藤美誠 vs ジョウ・イーハン-ユ・モンユ)

伊藤選手をしっかりサポートしながら望むダブルス。

ダブルスでの戦いでは、サーブなどの前に福原選手が伊藤選手にアドバイスをしたり作戦をたてていました。それを真剣に心から聞いている伊藤選手の姿をみて福原選手の信頼の厚さもわかりました。アドバイス後に決まるということも多かったですよね。それから、伊藤選手が失敗すると必ず「大丈夫」というようななにか声かけをしているのもみていてわかりました。相手のチームにはない、まさに二人で信頼の元に勝ち取った試合だったとおもいます。

卓球 女子団体3位決定戦 (日本 vs シンガポール) 第4試合 (伊藤美誠 vs F.ティエンウェイ)

会場に響き渡る「美誠!がんばれ」。

わたしもリアルタイムでみていたのですが、驚かれた方も多いんじゃないでしょうか?
「みま がんばれ~」という大きな女性の声がたびたびしていました。どこから聞こえているのかなって思っていたら、福原選手でした。試合中ずっと誰よりも大きな声で成功しても失敗しても心から応援している福原選手の姿に、ジーンときました。

一生懸命、手をたたき全身で応援。

こちらも驚いたのですが、伊藤選手がうまく決めたり、立て直そうとすると会場に大きな手拍子のような拍手のような手をたたく音も会場いっぱいに響いていました。熱心な応援だなと思っていたらこれも福原選手でした。試合の合間にうつる彼女の映像は、声でも全身でも最後までチームの応援を心からしていました。

銅メダル決定後に号泣。

あ・・・泣き虫愛ちゃんが泣いた・・・なんて思いませんでしたよね?
銅メダル決定後に喜ぶ二人の選手の横で、顔を手で多い隠しながら号泣する福原選手。いろいろな想いもあったことでしょう。

石川選手にうながされる・・・。

号泣している福原選手に石原選手が笑顔で声をかけています。まるで「おねえちゃん、しっかりしてよ。だいじょうぶだよ」とでも姉に話しかけるしっかり者の妹のようです。仲のよさが垣間見られる一瞬でした。素敵ですね。

抱き合って大喜び。

試合中は笑顔一つ見せず、本当に頑張ってきた三人。最後まで三人一緒に喜んでいる姿に国民的卓球三姉妹なんていうことも言われていましたね。寝不足の方もおおいのではないでしょうか?わたしも感動してなかなか寝れませんでした。うれしいですね。

とっても小柄な三人の身長をおさらい。

公式発表によると、いちばん背が高いのが石川選手158センチ。
あれ?そんなに背が高くないと思われた方も多いかとおもいます。石川選手はスラーと背が高いって言うイメージありますからね。でも、他の二人はとっても小さいんです。
福原選手は、156センチ。なんと伊藤選手は150センチ。
どこからあのパワーが出ているかとても不思議ですね。
並ぶと本当に三姉妹みたいですね。

ツイッターでもお祝いが止まらない。

銅メダルをとったこともそうですが、やはり愛ちゃんのことで話題が持ちきりでした。
福原選手は、多くの人の心にも深く感動を与えました。

公式ページでも愛ちゃんに愛ある言葉ですよね。

中国は最大のライバルでもありますが、愛ちゃんファンもたくさんいます。そう考えるとスポーツって素晴らしいし、福原選手ってすごいなっておもいました。

心の中の言葉を聞いたときに涙がでちゃいますね。

ほんとうにそうですよね。愛ちゃん自身もみんなが親戚みたいで商店街などを歩くとお金出さなくても両手がいっぱいなどともかつていっていましたよね。
とても素敵な涙でした。

感動の涙は、いいですよね。わたしも泣けました。

芸能界からもお祝いの言葉が多数。うれしいときは、泣いていい。そうですよね。

同じアスリートだからこそわかる短いけどあたたかい言葉ですね。

このことについてインタビューをうけたときに、実は石川選手は知らなかったそう。
インタビュー後に福原選手にそのことをきいて「わたしはいつはじめたか覚えてないな」といっていました。女の子通しの会話を聞くとかわいらしいですね。

オリンピックに繋がるプレーができますように。

わたしたちが知らないとこでもたくさんの練習と試合を世界で行ってきた福原選手。アメブロでときどき見せるプライベート写真がとてもキュートだと話題です。

親友と食事。

出発の前夜は瑞希とお食事にも行けました!いつも精神的なアドバイスをしてもらっています!
勉強になることが本当に多いです。
応援して下さっている方々、支えてくださっている方々へ結果で恩返しができるようがんばります!そしてオリンピックに繋がるプレーができますように。
また更新します!!

出典 http://ameblo.jp

こちらは5月のワールドツアー・クロアチアオープンとスロベニアオープンの前日。こうやってみるとふつうの女の子。試合前の食事もとってもおしゃれでかわいいです。

大盛り。

出典 http://ameblo.jp

小柄だけど、たっぷり食べるのかな?笑顔もかわいいですね。

試合勘や勝負勘も少しずつですが取り戻せてきたかなと思います

6月のJAPANオープンでもだんだん仕上がってきた様子を伝えてます。

皆様こんにちは
横浜で開催されたJAPANオープンに出場してきました

連日たくさんの方々にご来場いただき、大きな応援を届けてもらい、改めて日本開催はいいなぁと思いました

左足の疲労骨折から復帰して2戦目でしたが、女子シングルスはベスト8、女子ダブルスは若宮三紗子選手と組み、初優勝することができました
試合勘や勝負勘も少しずつですが取り戻せてきたかなと思います

今の自分ができる精一杯を出し切れたので、また練習を重ねて、今度は単複ともに優勝したいです

皆様に感謝の気持ちをお伝えしたくて更新させていただきました

出典 http://ameblo.jp

リオに到着!

出典 http://ameblo.jp

飛行機が長くて心配していた伊藤選手も一安心。リオに到着したときもいつも一緒ですね。修学旅行に見えるのは、わたしだけでしょうか・・・。

出典 http://ameblo.jp

シングルの時の監督とも信頼関係は厚いようです。なんだか華がありますね。

え!?水谷選手と・・・。

いつも僕は愛ちゃんのとなりにいるけど、いつも映像とか僕のは切られてるんですよね。
そういうことを言っていたと朝の番組で司会の女優さんがこぼれ話でいっていました。
今や旬の人といえば水谷選手。お宝写真になりえそうな写真を発見しました(笑)
こちらは、愛ちゃんのブログでも一場面ですが、何の写真だかは書いていませんでしたね。水谷選手がにおわせていたように、仲がわりと普段からいいことはまちがいはなさそうです。男子決勝も楽しみですね。

いかがでしたか?

どうして、こんなにスポーツって感動するんだろう。
4年に一度のオリンピック、選手たちの想いだけでなく私たちの想いもつながって着てるような気がします。メダルをとること、特に金メダルをとることを目指して頑張って着た選手をみると胸が痛くこともあります。ただ、そこまでも努力や積み重ねた人間関係なども試合の合間にみることもできて勝ち負けだけじゃない感動もいっぱいもらっているなと感じます。
リオオリンピックこれからまだまだ見どころいっぱいで寝不足が続きそうが、まずます寝が離せなくなりそうです。

この記事を書いたユーザー

琴乃。 このユーザーの他の記事を見る

フリーライター琴乃。でございます。韓国サイトのカラコンモデルなどもしておりました。趣味は、フィットネス、ダンス、読書、心理学が好き。霊感あるのが自慢。ブログもぜひ♡ http://ameblo.jp/yoruasa/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス