他人の命をリスクにさらす危険運転は絶対に止めて!

アメリカ、ペンシルバニア州フィラデルフィアのハイウェイで目撃された、とても危険で、無責任極まりないドライバーの行動が問題になっています。

同ハイウェイを走行中の他の車から撮影されたもので(撮影はもちろん助手席からで、運転中の撮影ではありません)、この女性の両手は携帯電話を操作しており、その視線は道路ではなく携帯画面に向いています。

この姿勢でなんと20分以上も!

出典 http://6abc.com

この危険運転が罪の無い他のドライバーを巻きこむことを恐れたドライバーは、クラクションを鳴らし、助手席の窓を開けて「携帯テキストをやめなさい!!!」と叫びましたが、この女性は、全く動じることなく、携帯を手から離すことはなく、足でハンドルを支えたまま運転し続けました。

ナンバープレートの番号を控えた撮影者は、地元警察にその番号とともに、目撃した危険運転について報告しましたが、その現場を直接見ていない(すなわち現行犯ではない)ので、どうしようもないとの返答。

日本では道路交通法で定められている、走行中に運転手が携帯電話を使用することを禁じています。ところが、日本よりもっと車社会であるアメリカでは、州や都市によって、法律が事なり、未だに法規制されていない都市が驚くほどたくさんあります。

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第120条第1項第11号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第120条第1項第11号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。

出典 http://ihan.jp

日本では、”表示された画像を注視しないこと”と明記されており、携帯画面を見ることも違反になります。

筆者の住むテキサス州では、学校の登下校時スクールゾーン(学校の近辺で指定された区域)では、多くの地域で運転中の携帯使用が禁止されています。しかし、たとえ制限時速110キロを越えるハイウェイであっても、携帯使用は禁じられていないところが多いのです。ですから、ハイウェイで右に左にと怪しい走行をしている車を見ると、殆どが携帯電話を使用しているといっても過言ではありません。

ガラゲーが多かった頃は、通話だけでしたが、スマホが主流の現在は画面を見ながら、メッセージをタイプしながら、というドライバーが増え、視線さえも道路から離れてしまっています。自分の命だけでなく、多くの他人の命を巻きこむ重大な危険行為という自覚が薄いことがアメリカの大きな社会問題です。

運転中にSMSをしている多くはティーンエージャーたちです。実際11人のティーンエージャーが毎日この結果命を落としているのです。それだけではなく、交通事故の1/4の原因はSMSを送信していて起こしたもので、累計で年間その数は160万にも上ります。

出典 http://ijr.com

アメリカで携帯使用中の運転がどれだけ横行しているか、よくわかる数字です。

コロラド州でも

出典 https://www.facebook.com

女性ドライバーの左足がハンドルに上がっているのが見えます。視線は携帯に釘付けのまま、こちらもハイウェイを高速で走行中でした。

大手通信社が運転中のSMSの危険性を伝えるCM

出典 https://www.youtube.com

最後のメッセージ

SMS送信中に事故を起こし、人生が変わってしまった3人のティーンエージャー

車はあの橋に衝突し停止していた

出典 https://www.youtube.com

落ちていた靴から少女がドライバーだと判明

出典 https://www.youtube.com

顔は著しく損傷していました。しかし、外に落ちていた靴から、ティーンエージャーの少女だろうと推測されました。座席後部には、翌日の卒業式に着る予定のガウンと帽子が残されていました。

楽しみにしていた高校の卒業式前日に亡くなった少女。

事故の瞬間 最後のメッセージ

出典 https://www.youtube.com

Yeah
この一言のために命を落としてしまったとは。やりきれない思いでいっぱいになります。なぜ?

少年が運転していた車は大破

出典 https://www.youtube.com

脳の損傷が大きく、重い後遺症が残った

出典 https://www.youtube.com

体にまひが残り1人で歩くこともできません。言語障害も残りました。健康だった彼の人生を大きく変えたSMSの最後のメッセージとは。

Where r

出典 https://www.youtube.com

Where r u  最後まで入力することなく、事故を起こしてしまいました。

今どこ?  

BFに会いに出かけた19才の少女

出典 https://www.youtube.com

彼女がその場所に到着することはありませんでした。


Where u at

出典 https://www.youtube.com

彼女もまた翌日に高校の卒業式を控えていました。事故に遭ったことを知らないBFが、SMSを送り続けていました。

Where u at どこにいるの? 

これが最後のメッセージでした。

出典 YouTube

事故のその瞬間にタイプしていた最後のSMS

どれもが重要な内容ではなかったということにも、やり場のない憤りを感じます。今携帯電話を手にしないでも、絶対に待てたはずです。あと5分、10分。どこかに車を停めて、それからでも遅くはなかったでしょう。

日本でも、ポケモンGO上陸以来、自転車や自動車で携帯を使いながらの危険なながら運転が摘発されています。歩きスマホも危険です。絶対に止めてください。

相手が走行中であればメッセージが届かない、または相手が運転中であることを知らせることができるようなアプリが開発されることを願います。

今日もまた世界中の道路で、SMSをしながら運転しているドライバーたちが、大勢の人々の命と人生を危険にさらしているのです。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス