記事提供:子ある日和

子どものごっこ遊びを観察していると実に面白いものです。ある時はお医者さん、ある時はお店屋さん…。その想像力の豊かさや思いがけない再現性の高さに驚かされたりします。

子どもいつからごっこ遊びを遊びに取り入れ始めるのでしょうか。また、遊んであげるときのコツは?そしてなぜ、ごっこ遊びが好きなのでしょうか。

大人のマネをしたい

だいたい3歳頃からごっこ遊びやままごとが子ども達の遊びのバリエーションに加わるようです。

この頃にはママと一緒に出かけた先での出来事を観察し、記憶するようになります。ママのマネを日常的にしているように、病院やスーパーなどで接した他の大人とのやりとりを自分が大人の側になって再現するのがうれしいのです。

ごっこ遊びが子どもの成長にもたらすこと

そこは本当に病院ではないのに、想像力を駆使して病院ということにしてお医者さんや患者さんになりきっている…。子ども達の頭の中に共通の風景が認識されていないとできないことですね。想像力を共有することは社会性の根本と言えると思います。

このように、ごっこ遊びでのやりとりを通じて豊かな想像力を養えるのは大きなポイントでしょう。自分がやりたい役をやらせてもらえない悔しさを知ったり、人気のある役を順番に譲り合うことを覚えたりするなどの社会性が身につく機会にもなるでしょう。

ママも一緒に!と誘われたら

子どものごっこ遊びに誘われることもよくありますよね。ツッコミ所がたくさんあってもツッコんだりせず、子どもが作り出す世界観に合わせるようにしているという人が多いかと思います。

それが理想的な大人の参加の仕方だと思いますが、少しのアドバイスをしてあげることは想像力のヒントになり、世界観を膨らませる要素になるかもしれません。あくまで、子ども主導でストーリーを進めることを忘れないように。

例えばお店屋さんごっこなら、これではなくて違うものはありますか?などの問いかけでいつものやりとりと違う展開が広がることを覚えることは想像力への強い刺激になるはずです。

用事をするために抜ける時は、その役のまま、理由を述べて抜けるようにしてごっこ遊びの空気を最後まで壊さないようにする配慮もしてあげたいですね。

ごっこ遊びは誰もが通る道と言えるでしょう。特に大人が教えるまでもなく、日頃の生活の記憶から生み出される大人のマネごとには感心させられることもしばしばです。

覚えて間もない言語を使ってやりとりする楽しさ。自分が大人になったような気分になれるうれしさ。ごっこ遊びはいつの時代も子どもにとって魅力的なのでしょうね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス