記事提供:CIRCL

日本の出生率は2015年に1.42。つまり、1人の女性が一生に産む子どもの数は1.5人より少ないということである。ところが、世界ではシンガポール、ドイツなど出生率が日本より少ない国も意外と多く(2013年統計)、先進国での少子化が進んでいる。

そんな中、子どもがいることが幸せなのかどうか、そんな調査が発表された。

子どもがいない方が幸せと答えた国が半数以上

アメリカン・ジャーナル・オブ・ソシオロジーに、子どもがいる夫婦といない夫婦の幸福度合いを調べた研究が発表された。

その研究では、ヨーロッパと英語圏の先進国22か国(日本は含めない)を対象に、子どものいる夫婦といない夫婦それぞれの幸福度を調査し比較している。

その結果、22か国中12か国で子どものいない夫婦の方が幸福であり、アメリカでその傾向が最も大きかった。

アメリカでは子どものいる夫婦は生活しにくい?

この研究結果に対し、アメリカで子どものいる夫婦の幸福度が高くならない理由は

・個人主義であるため、子どもを育て上げるのは夫婦の責任だというプレッシャーがある

・子どもがいる夫婦に対する社会や会社のシステム(育休など)が充実していない

子育ての費用が非常に高い
などといった原因があると考えられている。

一方、子どものいる夫婦の方が幸せと答えた割合の高かったポルトガル、ノルウェー、フィンランド、フランス、スペインなどでは家族を支えるような政策がしっかり取られており、

特に働く家庭に対するサポートが充実している
と専門家は分析している(※1)。

日本でも、子育てを行うための環境はあまりいいとは言えず、状況はアメリカと大差がないのではないだろうか。

子育てと幸福度の関係 日本では調査によって結果が分かれる

日本でも同様の調査はいくつか行われているが、調査によって結果は違っている。

2013年の内閣府の調査では、子どものいる若年層の女性は、子どものいない女性より幸福度が低いという結果が出ている(※2)。

一方、2014年の博報堂の調査では、子どもの数が3人までは既婚女性の幸福度は高くなるという調査結果も出ている(※3)。

幸福の定義は難しく、聞き方によって結果に差が出るようである。特に若年層では、単純に「子どもがいれば幸せ」とはならないようだ。

子どもがいてもいなくても幸せを感じられる社会を

子どもを妊娠すれば「子宝に恵まれた」と言うし、「子どもは社会の宝」という言葉もある。しかし、現実には子どもという宝を手にした人が、必ずしも幸せになっているわけではないようだ。

子どもがいなくても幸せを感じられる社会にはまだ時間がかかるかもしれないが、「子どもを育てることが不幸せ」な社会になってしまっては悲しい。

社会や会社の制度、並びに日本人の子育てに対する理解度が深まってこなければ、「子どもがいない方が幸せ」と思う人が増え、少子化はこれからも進んでいくのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス