激動の昭和の時代を振り返るとともに、現代に残したい当時の学びを探るコーナー「昭和土産ばなし」。今回は、日本全体がはじめて国際社会とふれあった一大イベントであった昭和39年の東京オリンピック』について。

今回も昭和研究の第一人者・町田忍さんにお話を伺いました。

入場料100円!ガラガラだった東京オリンピック

出典Spotlight編集部

――リオオリンピックも閉会し、2020年に東京オリンピックが開かれますが、1964年(昭和39年)にも東京オリンピックがありましたよね。当時の雰囲気はいかがでしたか?

町田忍さん(以下:町田):東京オリンピックは思い出深いですね…。入場料が100円でして、当時としてもすごく安かったんですよ。でもサッカーとかまだ全然人気がないから、ボクの通っていた目黒区の中学生が動員された覚えがあります。今ではサッカーが人気がなかったなんて信じられないでしょう?

オリンピックで一番驚いたのは「外国人」を見たこと

出典Spotlight編集部

町田:オリンピックを見て、1番ビックリしたのは、「外国人」を見たことだったんですよ。ボクらは外国人をテレビの中でしか見たことがなかったんで、本当にビックリしてね。それで道歩く外国人にサインをもらってたんですよ。別に選手でも有名人でもない、ただの一般人なんですよ?とにかく生きて動いている外国人がめずらしかったんです

今もそのサイン帳持っているんですけど、読んでみると大使館の人とかばかり。ソビエト連邦(現:ロシア連邦)の人のものとかもあって、けっこういろんな国の人がサインを書いてくれてたんです。彼らにしてみれば、「変な中学生だな」と思いながらもサインしてくれたんでしょうね。

東京オリンピックをきっかけに日本中が変化していった

出典Spotlgiht編集部調査

町田:でも、オリンピックに向けて競技場を建造したので、国立競技場も完成したばかりでキレイだったですよね。数万人収容できる巨大競技場なんて、それまでの日本にはなかったんじゃないかな。

東京オリンピックの時にカラーテレビが発売されたんです。今だと100万円くらいの価値だったんですが、それでも爆発的に普及していった。やっぱりみんなオリンピックが見たかったんでしょうね。

今でもオリンピックは大きな話題になりますが、日本中が一気に新型テレビを買うみたいなことは、まずないですよね。世の中が変わっていくのが子供のボクにもわかる時代だったんですよ。

あの日本武道館は東京オリンピックのために建てられた

――日本武道館は、柔道が正式種目となったために新築された武道場なんですよね。今ではアーティストのコンサートなどが開かれてますけど。

町田:そうそう、日本武道館も東京オリンピック開催にあわせて建造されたんです。

日本武道館で思い出深いのは、やっぱりビートルズの来日でしょうね。あのコンサートのチケットって抽選だったんですが、ボク当選したんですよ。

当時はビートルズってすごい人気でファンもすごい数だった。だから、普通の会場では人が入りきらないんですよ。だから、日本で一番人が入れる屋内施設だった日本武道館でコンサートをやったんです。武道館で外国人がコンサートをやるっていうので、各方面からいろいろ論議があったらしいんです。行く方も大変だったんですよ。

出典Spotlight編集部

――議論ですか。何か問題があったんですか?

町田:まず、当時はロックが不良の文化そのものっていう風潮だから、学校で「ビートルズのコンサートに行くな」ってお達しがくるわけです。でも、こっちも見に行きたいから学校を早退して、私服に着替えて学生に見えないようにしていきましたね。

――そこまでして見たビートルズはいかがでしたか?

町田:それがですねえ(笑)。やっと入場したら席が3階でメチャクチャ遠いわけです。ステージの前はすべて関係者席ですからね。

開演しても前座を延々とやってて「いつ出てくるんだろ」って、不満ばかりがたまるばかり。前座で尾藤イサオとかブルー・コメッツやザ・ドリフターズとか出てきたんですが、こっちはビートルズ目当て行っていますからね。ブーイングが鳴り響いていました。

そしてやっとビートルズが登場したんですが、席は遠いし、当時のアンプとかスピーカーの性能が悪いから音がひどいし、歌も30分弱で終わり。本当にアッという間で…。でも、イベントの内容は強烈に覚えているんで、やっぱり印象深いですね。

リオオリンピックが閉会し、次はいよいよ2020年の東京オリンピック。町田さんのお話の中で1964年(昭和39年)の東京オリンピックをきっかけに日本中が変化していった」とありましたが、2020年は一体どのような変化が起きるのか、今から楽しみですね。

次回の町田さんのインタビューは「食べ物や日常品から見る昭和」です。学校給食がどんどん変わっていく様子や、チョコレートやコーラの出現。そして、マクドナルド出店と日本食文化が一気に欧米化していく様子をご紹介します。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 ロコン大好き このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • ゲーム
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス