驚愕! 冷凍塩サバでしめ鯖が低コストで安く作れる!

全体的にお高めな海産物のなかで、半身がだいたい150円前後で購入できる冷凍塩サバフィレは、焼くだけで美味しい焼き鯖が楽しめる手軽さと価格の安さで、塩鮭と並んで食卓の味方ですよね。

また、高額だけどたまに食べたい! となるものといえばお刺身。とくにしめ鯖などの酢〆のネタはプロが仕込んだ寿司・刺し身ネタとして好きな方も多いはず。半身400円以上でスーパーで売っているしめ鯖は漬かり過ぎていて酸っぱいだけ……、あのいい塩梅に漬かったしめ鯖は居酒屋や寿司屋にいかないとなかなか食べられないですよね。

今回は、すでに塩で味付けされているために焼くだけでなりがちな冷凍塩サバを使って、お家でカンタンにしめ鯖を作る方法をご紹介します! じぶんで漬かり具合を調整できるので、慣れると好みの〆かたで、たっぷり半身の刺身が200円以下で食べられちゃいますよ。

冷凍塩サバって安全なの?

家でしめ鯖というと、九州地方の鯖の刺身を日常的に食べる地域など、漁港近くで新鮮な生サバが手に入る場所の特権というイメージがあります。

確かに、サバは「生き腐り」という言葉があるように品質が落ちるスピードが早く、アタる人がおおい食材なのは事実。また、アニサキスなどの寄生虫が多いことでも有名です。

冷凍塩サバは、水揚げ後すぐに専門の衛生管理がしっかりした工場で加工し一気に瞬間冷凍されるので、普通の生サバよりも衛生的で新鮮。

また、アニキサスなどの寄生虫は、生サバの場合酢や塩で〆ても死滅することはないのですが、冷凍という過程を経ることで死滅することが知られています。つまり、冷凍塩サバは、自分で釣った生サバを半日クーラーボックスに入れながら帰宅してすぐにしめ鯖を作るなどといった場合よりも衛生的で安全にしめ鯖を楽しむ事ができるのです。

その証拠に、スーパーや低価格な寿司屋で提供されるしめ鯖はその殆どが冷凍塩サバから作られています。業務用の塩サバの中にはあらかじめ昆布締めが施されたものもあります。

「塩漬けされたサバで作って大丈夫?」 …大丈夫です! そもそもしめ鯖とは、海が遠く塩サバしか入ってこなかった京の都で、海の幸を楽しむために発達した技法。しめ鯖は昔から、塩サバで作られていたのです! それに、生サバからしめ鯖を作るときに最初にするのは塩ふりをして数時間おくこと。塩サバを作ってからしめ鯖にしているんですね。言ってみれば、冷凍塩サバは通常のしめ鯖をつくる手間を省いてくれる存在なのです! しめ鯖とは保存食である塩サバを美味しく食べるための京の知恵といえます。

ただし、民生品の塩サバは加熱用食品として販売されているので、利用はあくまで自己責任でお願いします!

半身130円の冷凍塩サバをゲット! 超簡単な作り方とは?

さっそく、冷凍の塩サバをゲットしてきて、しめ鯖を作ってみましょう。

特価で半身124円の大きな冷凍塩サバフィレ

材料は超シンプル

・塩サバフィレ 1枚(甘塩がオススメ。辛口の場合そのままでもできますが塩分が強いので2時間ほど水につけて塩抜きすることを勧めます)
・酢 50ml
・砂糖 大さじ1杯未満(おこのみで)
・昆布 数切れ(都こんぶで漬ける豪の者もいます。なくても作れます)

以上。あと、サバが入る大きめなタッパーかジップロックも用意してください。

冷凍サバを漬け込む〆酢を作る

出典 http://mitok.info

まずは砂糖を軽めにスプーン一杯コップに入れます。最初は一般的な味付けで小さじ2杯程度がいいでしょう。大さじなら1杯の1/3くらい。

出典 http://mitok.info

そこに、酢を50ml程度注ぎ入れ、混ぜて砂糖を溶かします。

出典 http://mitok.info

砂糖が溶けたら、昆布を切ったものも数枚入れておきましょう。風味付けのため昆布がない人はなくてもできます。都こんぶでも可能で、そのばあい甘さを控えめに〆酢を作るとうまくいくようです。

冷凍サバフィレを(冷凍のままでOK)ジップロックに入れて、〆酢を注ぎ入れ全体に回るようにします。そのとき、できるだけ空気は抜いておきます。できたら、冷蔵庫に入れて三時間~一日漬け込むだけ! 冷凍塩サバの場合、解凍する過程で酢をよく吸うので、三時間以上の漬け時間なら解凍してから漬け込むのとできあがりにあまり差はないようです。

下ごしらえはこれで終わり。全部で五分も掛かりません

さて、漬け込んで五時間ほどたった出来上がりはどんな感じでしょうか……? できあがりと食べ方をご紹介!

できあがり! しめ鯖の刺身の造り方と、ちょっとしたコツ

出典 http://mitok.info

こちらが五時間漬け込んだしめ鯖。酢の爽やかな香りで、冷蔵庫で冷やしながらつけたため身が締まっています。

出典 http://mitok.info

クッキングペーパーで両面についた水分を丁寧に取り除きます。

出典 http://mitok.info

生とは違う手触りに驚けるはず。それでは、不要な部分をとって刺し身にできる部位を残しましょう。

出典 http://mitok.info

ヒレの周辺を取り除きます。包丁ですっと切れるのでコツはいりません。この時、ヒレの周辺の〆具合を食べて好みの食べどきかどうかを判断しましょう。

出典 http://mitok.info

裏返し、骨の多い腹を削ぎ切ります。肋骨の長い骨が見えている場所に包丁を添えて、外側へ。骨の下をすべらせるようにすきとります。

出典 http://mitok.info

できました。サバの押し寿司を作る場合や、なめらかな触感をさらに楽しみたい人は毛抜きで中骨も取っていきましょう。今回は酢で骨も柔らかくなっているため骨切りでラクをします。

出典 http://mitok.info

おお! 寿司屋でみたことあるちょっとレアめのしめ鯖だ! 個人的に、周囲は酢で白くなっているけれど、中まで漬かりきっていないこれくらいがベストだと思います。が、おこのみでマイ・ベスト〆方を模索してください。

出典 http://mitok.info

皮を引きます。酢で〆ているので、尻尾部分に浅く切れ込みを入れれば皮を手で掴んでそのままピーと引けてしまいます。

出典 http://mitok.info

鮮魚では難しい皮引きも楽ちん。皮を残したままでも食べられますが、少し生臭いという感想を持つ人が多いようです。皮が残るぶん身がしっかりとしてるから皮付きがいい!という人もいますので、おこのみで。

出典 http://mitok.info

刺し身にしていきます。コツは、一切れ一切れの間に浅く切れ込みをいれること。この切れ込みを入れることで、中骨が切られて骨の感触に悩まされること無く美味しくしめ鯖を食べることができます。寿司用などでそぎ切りする場合は、骨抜きであらかじめ抜いてくださいね。

出典 http://mitok.info

しめ鯖の完成! 準備時間五分以内、後は冷蔵庫に放り込んでいただけでつやつやのしめ鯖が! しかもこれだけの量で150円以下なのは嬉しすぎる!

出典 http://mitok.info

綺麗に〆られていていかにもおいしそう!

塩サバの原料であるノルウェー産のサバは、脂のりが良いことで有名。しめ鯖にしてもその脂の多さは健在で非常にジューシーです。あっという間に一人で完食してしまいました……。

皮目を炙って焼き鯖寿司やしめ鯖の炙りにしても美味しくいただけますし、なにより鮮度が落ちやすいから家で気軽に食べたいときに食べられる…とはいかない刺身を思い立ったら数時間後に食べられるのは大きなメリット。できたしめ鯖は酢を綺麗に取れば冷凍もできる(味は落ちます……)ので、大量に作っておいて夜の晩酌に常備するなんて使い方もいいですね。

手軽で美味しすぎる塩サバの〆鯖、いかがだったでしょうか? 私は、ここ一週間で6枚もこれを食べてしまいました。毎日刺身が食べられる幸せ! を是非皆さんも自己責任で楽しんでみてください。

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス