記事提供:いいモノ調査隊

夜の気温も上がって、寝泊まりをともなうキャンプが楽しい季節になりました。テントで寝る際は寝袋に入るのが一般的ですが、どうしても下が地面なので硬い寝心地が気になります。

昔はそれでも平気だったんですが、歳のせいか、腰が痛くなってきて…。アウトドアでももっと快適に眠る方法はないものかと思って探してみたら、超コンパクトな折りたたみ式ベッドを発見したのでご紹介します!

超コンパクト! アウトドア用の折りたたみ式ベッド。

超コンパクトじゃないですか? ちょっと大きさ比較でスリッパを並べてみました。コレが簡易ベッドになっちゃうんですよ。この状態での大きさは長さ40cm×直径12cm、重さが1.3kgです。

専用の袋に入れれば、持ち運び楽々。

背負ってみましたが、どう見ても折りたたみ式のベッドが入っていると悟られることはないでしょう!さっそく組み立てていきたいと思います。

この折りたたみ式ベッドは「コット」とも呼ばれるもので、アウトドア上級者なら活用している人も多いんだとか。

広げるとなんとなくベッドっぽくなってきました。

パーツは、マット、支柱2本分、横柱8本、支脚12個です。完成すると長さ180cm×横幅58cm×高さ10cmの簡易ベッドになります。耐荷重は200kgと余裕です!

最初に支柱をシーツに入れていきます。

支柱は銀色の5本の棒をつないで作り、シーツの両サイドに挿入します。

次に横柱を支脚に差し込みます(写真上)。

横柱は緑とオレンジっぽいの棒をつないで作ります。作った横柱を写真のように支脚に差し込みます。支脚には差し込める穴が2個あるのですが、この時に必ずフック側の穴に差し込むようにします。

もし逆に入れるとシーツに取り付けた時や、完成後に写真下の赤い丸で囲んだ部分のように外れてしまう可能性があります。

このことに注意しながら先程差し込んだシーツの支柱(銀色)に支脚のフックを引っ掛けていきます(シーツの穴から支柱(銀色)が確認できます)。

横柱の取り付け方。

このときに、腕だけの力で引っ掛けようとするとものすごい力がいります。ですので、写真のようにシーツの支柱(銀色)の上に乗っかり足で固定すると比較的簡単にフックが引っ掛けられると思います。

そのときに写真のように横柱を上に引っ張りながら行うとより簡単にできると思います。

シーツ中央部の横柱は二重にする。

シーツ中央部は、ベッド使用時にもっとも負荷がかかる場所ですので、横柱を2本重ねて使用します。このときに上の写真のように支脚のフックの向きを逆にして準備します。

そして支柱(銀色)に引っ掛ける時に片方をネジって引っ掛けます。すべての横柱を引っ掛けたら、作業終了です!


作業終了です!

ちょっと説明が長くなりましたが、実際にやってみると簡単です。

ひっくり返してベッド完成!

早朝の公園にて寝てみました。

早朝の砂場にて…。

ベッドの脚の高さが10cmしかないので、砂場だと埋まってしまうかな? と思ったのですが、複数の支脚が体重を分散してくれるため、ほとんど砂場に沈み込みませんでした。海水浴場の砂浜の上でも問題なく使えそうな感じです。

本当にコンパクトになるので、キャンプでの持ち運びはもちろん、家の中での置き場所にも困らないと思います。超コンパクトサイズのアウトドア用の「折りたたみ式ベッド (キャンピングベッド)」! オススメです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス