国民的アイドルであるAKB48。これまでに卒業していったメンバーも多く、その進路はさまだま。かつてセンターとして活躍していた前田敦子さんや大島優子さんなどは、女優に転身して活躍していますよね。

AKB48卒業後に女優の道に進む人は多いですが、元AKB48で今その演技力に評価が高まっているのが川栄李奈さんなんです。

川栄李奈さんをおさらい!

川栄李奈(かわえい・りな)さんは1995年2月12日生まれの現在21歳です。ご存知の方も多いかと思いますが、AKB48のメンバーとして活動していました。

2010年
7月24日、AKB48第11期研究生オーディションに合格。
10月10日、「東京秋祭り」にて11期生として初お披露目。
11月13日、チーム研究生公演で劇場デビュー。

出典 https://48pedia.org

2010年にAKBのオーディションに合格した後は順調に上のステージに進みます。2012年には正規メンバーに昇格しチーム4に所属します。同年に 「真夏のSoundsgood!」で選抜メンバーに選ばれ着実に人気が高まります。

川栄さんの名を世に轟かせたのが、2013年の「めちゃ×2イケてるッ!」。抜き打ち学力テストにて最下位になり“センターバカ”としてバラエティに引っ張りだこの存在になりました。またそのキャラクターを活かしながらユーキャンの薬膳コーディネーターの資格に挑戦し合格するなどの一面も見せました。

順風満帆な芸能界活動、しかし…

5月25日、岩手県滝沢市で行われていた全国握手会において、鋸を持って乱入した男に入山杏奈、男性スタッフとともに襲われ、川栄は右手親指裂傷、骨折の重傷を負う。岩手県高度救命救急センターへ緊急搬送され、同日夜に縫合などの緊急手術を受ける。

出典 https://48pedia.org

順風満帆な芸能界活動でしたが、2014年5月に起きた握手会の傷害事件後、テレビ出演を控えるようになりました。あの事件に衝撃を受けた人も多かったはず…。同年10月にはAKB48劇場で公演復帰し一度はアイドルとしての活動を復活させましたが、2015年8月に芸能界入りのきっかけとなったAKB48を卒業してしまいます。

傷害事件で負った握手会でのトラウマが抜けきることはなかったようです…。

AKB時代からドラマに多数出演していた

おバカキャラとして愛されていた川栄さんですが、「女優さんになるのが夢」と発言していた経緯があり、女優活動にも積極的でした。AKB時代からドラマ出演をし、2013年には「SHARK」、2014年には「セーラーゾンビ」などとコンスタントに女優として活躍します。

宮藤官九郎さんの作品「ごめんね青春!」に出演した時は、憧れの女優・満島ひかりさんと共演し、さらに演技の魅力に目覚めました。その演技力は視聴者からもかなり高評価だったのです。

前評判では“今期最注目”と言われていただけに、19日の二話目に期待が寄せられたが、平均視聴率は7.7%とさらに数字を落としてしまった。しかし、そんな状況にあって、ひときわ輝いているのが生徒役で出演しているAKB48の川栄李奈(19)だ。アイドルとして活動する彼女からは想像ができないほどの熱演にネット上がざわついている。

出典 http://www.menscyzo.com

「ごめんね青春!」で共演していた関ジャニ∞の錦戸亮さんもその演技力を評価していたようです。

AKB卒業後の出演作の評判が上々

AKBを卒業した年の9月には舞台「AZUMI 幕末編」にて刺客の女性という難しい役柄を主演として勤め上げました。卒業後の初仕事とあっていろんなメディアから注目を浴びていましたが、演出家や原作者からもその演技に太鼓判を押されます。

川栄はAKB卒業後の最初の仕事として「幕末編」を選び、AKB時代の“おバカキャラ”からは考えられないような演技力と殺陣のスピード習得で見事に女刺客を演じきった。

出典 http://www.menscyzo.com

今回の舞台で演出を手掛ける岡村俊一氏は「演技の情感が豊かでリアクションも細やか。戦国編もやってほしいという声が多く、小山先生も強く望んできた」と絶賛コメントを寄せており、原作者が太鼓判を押していることも明かした。

出典 http://www.menscyzo.com

その勢いは止まらない、朝ドラにも出演

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」でこのところ評価が高まっているのが、下町の仕出し屋の娘を演じている元AKB48の川栄李奈だ。

「無口な役なのでセリフこそ少ないですが、少女の微妙な心の動きをうまく表現できていると好意的に受け止められています。配役が決まった段階では不安視されていましたが、川栄の演技力は意外に高いですよ」(テレビ誌ライター)

出典 http://www.asagei.com

4月にスタートしたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にも川栄さんは抜擢されます。主人公の下宿先の「森田屋」の一人娘・森田富江を演じました。

割烹着姿や着物姿もよく似合っていました!

2016年は上半期から女優としてとても大忙し!

2016年1月に放送したドラマ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」では清楚な女子高生、しかし裏の顔はいじめを行うギャルという二面性のある役を演じました。これには視聴者からの評判がとても高かったようです。

川栄が演じる可南は、今回の事件のキーパーソン。父親たっての希望で、弁護士を目指して真面目に勉強しているように見えた可南には「別の顔」があった。次第に明らかになっていく可南の素顔とある事件との関係が、捜査に大きな進展をもたらすことになる。

出典 http://news.walkerplus.com

4月には松下奈緒さん主演の「早子先生、結婚するって本当ですか?」に出演。「人妻」そして「出産」するという妹役を演じました。

トレードマークだったロングヘアーを30cm切り、天真爛漫(らんまん)な三枚目という、これまでのイメージを覆す役柄で話題だが、新境地に挑むのは、その妹役を演じる川栄李奈も同じだ。

AKB48時代に"おバカ"イメージが定着していた川栄だが、今作で演じるのは、しっかり者の人妻というキャラクター。

出典 http://news.mynavi.jp

演技力の高さに驚く視聴者も多い様子。

2016年の下半期、女優としてさらに躍進する!

7月にスタートした「死幣-DEATH CASH-」では主演を務める松井珠理奈さんの同級生役として出演しました。川栄さんが元AKB48なので放送前からかなり話題となりましたが、急展開に視聴者からの反響も大きかったようです。

番組開始たった3分で起きた“早すぎる死”に対し、ネット上では「まさか川栄があそこでああなるとは…」「え、川栄さん死ぬの早すぎるww」「絶対死なないと思ってたのに」「川栄あっさりお亡くなりになった」など、悔やむ声が多くの視聴者から寄せられていた。

出典 http://e-talentbank.co.jp

川栄さんは2016年後半も大忙しです。10月には東出昌大さん、菅田将暉らが出演する映画「デスノート Light up the NEW world」が公開されます。

川栄李奈が無差別殺人者という最悪のデスノート所有者・青井さくら役で出演することが決定しました。

出典 http://ciatr.jp

一体どんな演技を見せてくれるのか、ストーリーも楽しみすぎますね!

今回の「戦国編」は「幕末編」の前作にあたる物語で、上戸彩主演の映画版や黒木メイサ主演の舞台版などでも知られる、原作の「第一部」を送る。川栄は、10年ぶりにのリメイクに向けて、演出・岡村俊一との再タッグで、新たなあずみに挑戦する。

出典 http://www.theaterguide.co.jp

さらに以前高評価を得た舞台のシリーズで「AZUMI 戦国編」が11月から上演されます。まさに年初から年末まで大忙しの2016年です。

AKB時代はおバカキャラで明るいイメージが強かったかもしれませんが、最近では演技力の高い女優として評価されつつある川栄李奈さん。出演作が多いのも、評価が高いことの現れと言えそうですよね。

憧れの俳優・女優さんとの共演やさまざまな作品に出演することで、今後ますます演技に磨きがかかっていきそうです。今後どんな女優さんに成長していくのか、とても楽しみです。

この記事を書いたユーザー

matsui yui このユーザーの他の記事を見る

IT企業で働きながらライターをしています。
趣味は写真、ヨガ、読書。
Spotlightでは日本のカルチャーや流行など広く記事にしていきたいです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス