知られざるママの実態や本音を紹介するコーナー「ママのホント。」

3児の母であり、シンガー・ソングライターとして活躍するMINMIさん。母親としても、アーティストとしても挑戦し続ける彼女の姿は、世の女性たちから大きな共感を得ています。

そんなMINMIさんがレゲエグループ・湘南乃風の若旦那さんとの離婚を発表したのは、2016年3月のことでした。

仕事と育児の両立、女手ひとつで子供たち3人を育てること、様々な葛藤があったと思いますが、MINMIさんがSpotlightにその思いを綴った文章を寄稿してくれました。

離婚して初めて感じたのは、大黒柱としての不安

もともと仕事が大好きで自立していたつもりだけれど、パートナーがいるということで、“いざという時、私に何かあっても大丈夫”という安心感があったんだと思います。

いまは自分1人が家族の大黒柱であることに、プレッシャーを感じることがあります。きっと、世の中のお父さんたちは、みんなそう思っているのでしょうね。

でも実は、私は離婚=シングルマザーという意識は薄かったんです。

これまでの子育ては、夫婦でしてきたという感覚よりも、周りの人たちに支えられていたという感覚が強くて。両親やスタッフの皆さん、そして保育園の先生などが親のように子供たちに愛情をかけて接してくれました。

だから、子供たちにはママ代わりがいっぱいいます

もしかしたら、あんまり私にはシングルマザーという響きは合ってないのかもしれないですね。

最近では、長男から反抗期の気配を感じます。体も大きくなってきて、ピシッと厳しく叱れる人がいてくれたら…と思うこともありますが、私がそうなるしかない!と奮闘中。

今まで優しいママだったのに、突然“キャラ変”してます。男の子2人がヤンチャでヤンチャで言うことを聞かない時、ナニワのオカン“ジャイアンのお母さん”をイメージして喝を入れたり。

父親がいないし、厳しく叱ることも愛情のうちだと心を鬼にして厳しく叱ったりするのですが、そうするとやはりこちらも心が痛むし、疲れます。

でも、いつかこれが愛情だったと伝わればいいな。

正直、子育てと仕事の両立ができてるとは思いません。もっと仕事も母親業もやりたい。体が足りないから、どちらも50点、50点。

でも、「足して100点ならイイやん」と、自分を励ましています。

そんな自分ですが、

子供たち3人がそばにいれば、それでいい。
3人が元気であれば、それでいい。

3人を笑って育てれば、何とかなる。いや、きっとうまくいく。

当初は不安も沢山ありましたが、もっと楽しい家庭を築こう!

今はそう思って頑張っています。

(MINMI)

2017年にデビュー15周年を控えるMINMIさん。様々な過去を乗り越えてきた今だからこそ見せられる、飾らない姿と心をさらけ出した渾身のニュー・アルバム「Life is Beautiful」が絶賛発売中です。

【初回盤】DVD付UPCH - 7168 ¥3,600(税込)初回プレス限定オートリップ付 11曲収録DVD TOUR 2015 仮面舞踏会~もしもあなたが#ヤッチャイタイなら~」ダイジェスト
【通常盤】UPCH - 2087 ¥2,600(税込)初回プレス限定オートリップ付 11曲収録

出典 YouTube

「MINMI LIVE TOUR 2016 Life is Beautiful ~来年の15周年は武道館で涙を流したい~全国ツアー」も決定!詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス