記事提供:まだ東京で消耗してるの?

Kindle Unlimitedにて無料で読める「迷いながら、強くなる」。この一節がすばらしかったので、引用して紹介します。

長いモノサシを持て。

ちょっと長いですが、まずはこちらを。

何かを上達したいと思った時、人は懸命に努力をするものですが、できるものとできないものがあります。

持って生まれた先天的な才能でしょうか?

もちろん、それも関係しているでしょうが、もっとも大きな影響を与えているのは、個々の人が持っている“モノサシ”です。ここで言う“モノサシ”とは、自分が何かを習得するまでの基準タイムのこと

人は生まれてから育っていく時に、たくさんの種類の“モノサシ”を身につけているのです。

たとえば、歩けるようになるまでは一年、言葉がしゃべれるようになるのには二年、自転車に乗れるようになるまでは一カ月、裁縫がきちんとできるまでは二週間など、長いものから短いものまでたくさんあります。

そして、それを基準にして現在取り組んでいることに対して自己評価をしているのです。ホットケーキは三回で上手に焼けるようになったから、もう少し難しそうなマドレーヌは六、七回はかかるかな、などと考えているわけです。

そのような経験を重ねる中で長いモノサシをつくることは、とても有効となります。

なぜなら、長いモノサシを持っていれば、少なくともその期間は不安になることが少ないからです

たとえばフランス語を流暢に話せるようになるのに三年間かかったとします。

次にスペイン語を勉強しようと思った時には三年は普通とも思えるはずですし、単語や文法で似ているところもあるので、二年くらいかなと見当をつけることができます。

これがアラビア語だったら文字も異なるし、言語グループも異なるので五年はかかると思うかもしれません。

途中で挫折をしてしまう多くの場合は、能力がなくてではなく、迷ってしまって、いつまで続ければ成果が出るかわからなくなってしまってやめるのです

また、これはやめる時にも実に有効と言えます。これはできるまでに最低でも十年はかかりそうだからやめようと判断するわけです。

たとえば、私は小さい時にほんの少しだけピアノを習っていた時期がありました。しかし、今からショパンのピアノソナタをいくら練習しても、一生うまく弾けるようにはならないとわかるのでやらないわけです。

ですから、小さい時にどんな物事でもよいので、一つだけでもいいので長いモノサシができれば、ほかの物事に対峙した時に立ち向かっていけるのではないでしょうか。

出典迷いながら、強くなる

これはひじょ~に納得のいく話で、何かというと、ブログもまったく同じなんです。

たまにいるんですが、「ラクして稼げるからブログを始める」とか思って始めると、まぁやっぱりうまくいかないんですよ。すぐに諦めるんで。このひとは「モノサシ」が短すぎるわけですね。

ぼくは口を酸っぱくして書いてますが、ブログでお金を稼げるようになるまでには、あなたが凡人なら「毎日ひたすら記事を書いても、2年以上かかる」と思ったほうがいいです

関連記事:前年比1.5倍!? 「アフィリエイト詐欺」に騙される人が、グイグイと増えている件。

あんちゃさんやぎぺーのような超例外は数ヶ月でマネタイズできてますが、あれは超例外です。ぼくより優秀ですよ、彼ら。

凡人が凡人たるゆえんは、モノサシが短すぎるからだとも思います。

モノサシが短い人たちは、「短い時間で達成できることしかできない」わけですね。

もっともっと長いモノサシを持っていれば、違う世界にいけるはずなのに、射程が短いので遠くまでいけないという……。

優れた起業家はモノサシが超長い、とも思います。孫正義社長は「300年」というモノサシを持ってますよね。ぼくも田舎に来てからは、100年単位でものごとを考えられるようになりました。

特に林業に触れたことが大きいですねぇ。あれなんて、ほんとに100年、200年後の世界を考えて実践していくものですから。

一生を超える道。

んでもって、羽生さんの議論は、さらに一歩踏み込んでいます。

芸事と呼ばれていること、“道”と呼ばれているものがあります。

落語、歌舞伎、能、柔道、茶道、剣道、もちろん将棋もそうですが、とてもではないが一生かかっても極められそうにないものもあります

だからやめるのではなく、だからこそやる価値があるのです

“ライフワーク”という言葉がありますが、これくらいの時間を費やせばできると思うより、成果や結果を期待せずに続ける意義を感じることができれば、それこそが周囲の評価をものともしない絶対的な評価です。

最初はたくさんの種類のモノサシを身につけてさまざまな物事に対応・適応ができるようになり、やがて自分のモノサシでは測れないものに出会う。

その時に深遠さであるとか、歴史の重みであるとか、次代へつなぐという感覚が生まれるのだと思っています

出典迷いながら、強くなる

そうそう。一生かけても終わらないことって、実はけっこうあるんですよね。

ぼくの本業である文筆活動もまさにこれで、終わりゃしないですよ。一生探求しても、なお入り口にも立つことができない感覚があります。

それは絶望的でもありますが、まさしく、だからこそ、やる意味があるし、楽しいんです。なんせ、一生終わらないんですからねぇ……。

文筆表現の歴史はこれからも続いていくわけですから、自分が生きているあいだに、この手で少しでも歴史を刻むことができれば、それは最高の名誉です。

その意味で、ぼくはブログを「芸術」にしたいんですよ。

ぼくは生きているかぎり、行けるところまで行きます。

でも、道半ばで死ぬでしょう。終わりがありませんから。

あとは、下の世代に任せます。彼らが無駄な苦労をしないように、道を整えておきます。

若い皆さんは、ぼくの整備した道を通って、さらに遠くまで進んでください。そしてあなたも、また道をつくり、次代へ引き継いでください。

そういう長大な繰り返しのなかに身を投じると、余計なことに振り回されなくなるので、成果も出しやすくなりますよ。

Unlimitedのおすすめ作品もまとめてます。元取りましょう!

関連記事:[随時更新] 総額5万円以上!Kindle Unlimited(読み放題)のおすすめ作品ジャンル別まとめ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス