出典 https://twitter.com

記事提供:Techinsight

沖縄在住のロックバンド・ORANGE RANGEが『Mステ』におよそ6年ぶりに出演した。トークタイムでは彼らの「コザにはポケモンが少ない」という訴えにタモリが興味を示し、意外にもポケモンGOの話題で盛り上がった。

2003年にメジャーデビューしたORANGE RANGEはその年の7月25日に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初登場している。

当時の平均年齢は19歳で最年少のRYOは高校3年生の時だ。今年結成15周年を迎えた彼らが8月12日の放送で久々にスタジオ生出演して、実に11年ぶりとなる『以心電信』(2004年)をライブ感覚いっぱいにパフォーマンスした。

今も沖縄県コザ市で生活しながら全国を行き来して活動を続ける彼らは、5キロ圏内にメンバーの自宅があり買い物中に出くわすほどご近所さんでもある。

HIROKI(ボーカル)が「その辺を歩いていたら普通にいますよ、ORANGE RANGEの人が」と説明すれば、RYO(ボーカル)は「気まずいですよね」とこぼして笑わせる。

メンバーはポケモンGOにハマっているそうだが、HIROKIによると「コザはポケモンが少ない」状況だという。

それを聞いたタモリが「山奥で携帯を持っている人でもポケモンGOをやるのか?」と疑問を持ったところ「不利だと思いますやっぱり」とHIROKIもうなずく。

「(ポケモン)来ないよね!」「田舎に行けば行くほど!」と盛り上がり、タモリが「コザは?」と確認するとHIROKIは「少ないですね。もらえるアイテムとかも!」と明かす。

さらに弘中綾香アナウンサーが「六本木はたくさんいますよ、テレ朝の中にもいます」「その辺にいますよたぶん」とそこらを指さすのでタモリも「え?」と驚きを隠せなかった。

何年経っても肩の力を抜いて楽しめるORANGE RANGEの空気感は健在だ。ファンに囲まれたステージでは当時よりもさらにORANGE RANGEらしく昇華させた『以心電信』を披露してくれ、

バンド[Alexandros]がひな壇トークする際に『ワタリドリ』がBGMに流れると後ろでHIROKIやRYOがキレキレにノッていた。根っから音楽を楽しんでいるのだろう。

放送を終えて『ORANGE RANGE HIROKI(OR_HIROKI)ツイッター』では「今も昔もこれからも、ずっと繋がっているんだ!というメッセージを込めて歌いました。以心電信。ありがとうございました~」とツイートがあり、

多くのフォロワーから「感動して泣きそうでした!」「幸せな時間をありがとうございます!」「めっちゃ自由にしてましたね、めっちゃ楽しそうでしたね」など多くの反響があった。

9月10日(土)の埼玉公演から47都道府県ツアーをスタートするORANGE RANGE。2017年の2月25日(土)には日本武道館公演も決定している。

今では30代となった彼らが、ブレイク時には出せなかった“ORANGE RANGE”の魅力を振りまいてくれそうで楽しみだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス