記事提供:鈴木おさむオフィシャルブログ

愛することを止めることは出来ないぜ!と飛び出してきた彼らは、

正義の味方なんかあてにならない時代に、心の鏡をかざし、

ネバーギブアップと励まし、笑顔のゲンキを配り、

時には雪を降らし、ずっと忘れることの出来ない思い出を作り続け、

君は君だから変わる必要なんかないからとささやき、

あの頃はたった10$しか握りしめてなかったけど、

いつもおおきにと、オリジナルスマイルを届け続けて、

たぶんオーライと前向きに、KANSHAしようよ、

いいことが待っているからと、俺たちに明日はあるんだと叫び、

沢山の胸騒ぎを起こし、

例え仲間が減っても、シブトクツヨク粘った結果、

青い稲妻を落とし、世の中をSHAKEさせ、

ダイナマイトで爆破させてワクワクさせてくれたあとは、

PEACEを求めて、夜空のムコウのたいせつな何かを探して、

朝日を見に行き、FLYと羽ばたき、

らいおんハートを手に入れて、いくつものピンチを乗り越えて、

世界に一つだけの花を咲かせた…

時には友達とBANGBANGなバカンスに行き大騒ぎもしたけど、

世の中の女性に感謝の気持ちを届けることも忘れず、

その瞬間はきっと夢じゃないからねと、そっときゅっと抱きしめて、

これが愛だよと、耳元で呟き、

みんながくじけそうなときには、not aloneと、

一緒にさかさまの空を見上げて心のバッテリーを充電してくれて、

一緒に手をつないで、JOYJOYと生きる楽しさを思い出させてくれた彼らも、

OTHER SIDEに向かって歩き始めるけど、彼らへの愛が止まることなんかないのだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス