太陽の陽射しが強い日中、車中に子供を放置するというのは虐待でしかありません。3人の子供の母親が、30分以上も窓を閉め切りロックした状態の車の中に、6歳の長男と生後13日の女児を置き去りにし、男児が女児を殺害してしまうというなんとも痛ましい事件が起こりました。

過去に「私、55歳だけど妊娠しています」とテレビのリアリティーショーに出演したことがある米フロリダ州セントピーターズバーグ在住の母親、キャスリーン・マリー・スティール(62歳)が「加重の過失致死罪」で逮捕されたと全米のニュースで報じられました。

子供二人を車中に残し買い物に出た母

出典 https://www.youtube.com

スティール容疑者は、事件が起こった日、携帯電話の修理を依頼するためにセントピーターズバーグ市内のフォンショップへ立ち入りました。3歳の息子だけを連れて出た彼女は、6歳の息子とまだ生まれて間もない生後13日の娘を車中に放置。

「すぐ終わるから」と思う気持ちがあったのでしょうか。窓は締め切ってあり、気温があっという間に上がってくる車中で、不快感を感じたと思われる女児が泣き出しました。

車中の温度は27度だった

出典 https://www.youtube.com

調べでは、この時の車内の温度は27度だったそうですが、30分以上も密室の状態にいた生後13日目の小さな赤ちゃんにとってはかなり辛かったことでしょう。泣き始めた妹を6歳の兄は、前後に激しく揺さぶり車床に叩きつけました。更に妹の頭を天井部分に打ち付けるなど、生まれて間もない乳児にとっては致命的となる行為を繰り返したといいます。

「まるでぬいぐるみのように赤ちゃんを扱って、顔面を引っぱたいたりもしたようだ」とその後の調査にあたった警察側は報告。深刻な外傷を負った乳児を見て、店から戻って来た母親に何があったかを説明した6歳の長男。

ところが、母のスティール容疑者は息子の言葉を無視してそのまま車を30分走らせ、帰路に向かったといいます。そして近所の顔見知りの看護師に連絡して、看護師がこの緊急事態を知りすぐさま通報。看護師が駆け付けた時には乳児は既に冷たくなっていたそうですが、病院へ搬送され、はっきりと死亡が確認されました。

解剖の結果、乳児は激しい頭部殴打と頭蓋骨骨折が原因での死亡と明らかに。我が子の緊急事態を知っておきながら、そのまま車を運転し家に帰ったスティール被告は過失致死罪に問われることに。実はこの女性、6年ほど前に地元のリアリティー番組に出演した経験があったのです。

55歳で妊娠した女性として一時期話題に…

出典 https://www.youtube.com

2010年にリアリティーショーに出演したスティール容疑者。「私、55歳だけど妊娠しているんです」とこれまでの妊活経験をテレビで告白し話題に。

夫の精子を使って人工授精に成功した

出典 https://www.youtube.com

子供を強く望んでいたスティール容疑者は、出産適齢期を遥かに超えた年齢ではあったが夫の精子を使って人工授精に成功。過去に何度も流産を乗り越えての出産だけあって、当時はその喜びを語ると共に「私は決して諦めなかったの」とその意志の強さをテレビで伝えていました。

夫は1年後にがんで他界

出典 https://www.youtube.com

不幸にも、スティール容疑者の夫は1年後にがんで他界してしまったそう。でもその3年後に現在3歳となる長男、そして生後13日で亡くなった娘を夫の凍結した精子で妊娠し、出産していたのです。

夫婦の絆は強かったに違いないが、子育ては不十分だった

出典 https://www.youtube.com

結果的に、亡き夫との間に3人の子供に恵まれたスティール容疑者でしたが、夫が亡くなってからシングルマザーとしての子育ては思うようにいかなかった様子。

周囲によると「子供の面倒をよく見ているという印象がまるでなかった」ということで、3人の子供を持て余していた62歳の母親は、6歳の長男の態度にも深刻に取り合わず、娘を死なせてしまうという事態を引き起こしました。

二人の子供とは18歳になるまで接見禁止

出典 https://www.youtube.com

現在、10万ドル(約1千万円)の保釈金が設定されているというスティール容疑者ですが、6歳と3歳の息子への接見は子供たちが18歳になるまで禁止されることに。また、今回の事件を起こした6歳の長男は、その年齢ゆえ罪に問うことは不可能という判決が下されました。

ただ、今後は里親の下でカウンセリングを受けていくそう。通っていた学校にも通うことはならず、今後は精神的なケアが必要とされていくということです。

加重過失致死と保護責任者遺棄致死の罪に問われたスティール容疑者。あんなに子供を望んでいた結果が、このような悲劇を生むことになってしまった事実に、裁判では悲しみを隠せず憔悴しきった様子だったそうですが、普段から育児放棄をしていたという事実は許し難いものではないでしょうか。

この世に生を受けて、たった13日しか生きることができなかった女児が気の毒でなりません。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら