世界累計ダウンロード数が1億ダウンロードを突破し、その勢い…とどまることを知らない「ポケモンGO」ですが、そんな中、海外では大好きなポケモンといつも一緒にいたいという願いから、ポケモンタトゥーを彫る人が急増しているそうで、現在、インスタグラムには、自慢のポケモンタトゥーが数多くアップされています。

専用ハッシュタグ

#pokemontattoo

には3万を超えるタトゥーが寄せられ、その人気っぷりが伺えるポケモンタトゥー。

なお、ポケモンGOが流行る前までは、ポケモンの主人公的存在「ピカチュー」タトゥーが圧倒的に人気だったそうなのですが…

ファッション感覚でタトゥーを入れる若い人たちには、ピカチューはあまりにもメジャーすぎて、目新しさがないとのことで、現在は、あえて人とかぶらないモンスターを選ぶのが流行りなのだとか。

なかには、ゲームボーイ風のドット絵をモチーフに…

モンスターボールや、ポケモンを彫る人も現れ、新旧合い乱れ、注目集めているポケモンタトゥー。

では、ポケモン愛がハンパない…自慢のポケモンタトゥーコレクション。どうぞご覧下さい!

ゼニガメ(squirtle)

「ポケットモンスター赤・緑(第1世代)」で初登場したポケモン「ゼニガメ」。

ストライク(Scyther)

恐竜っぽいデザインではあるものの、実は“カマキリ”がモデルの「ストライク」。

リザードン(Charizard)

「ポケットモンスター赤」及び、リメイク版である「ファイアレッド」のパッケージを務めるポケモン「リザードン」。ゆえに海外では大人気のキャラ。

コイキング(Magikarps)

悲しいほどに弱いポケモン「コイキング」。しかし、進化するとあの凶悪な「ギャラドス」に!

ミュウツー(Mewtwo)

他の第1世代組とは一線を画するデザインの「ミュウツー」。

ミジュマル(Oshawott)

「ポケットモンスター ブラック・ホワイト(第5世代)」から初登場するポケモン。モチーフはラッコ。

ニャース(Meowth)

招き猫がモチーフの「ニャース」。アニメではよく見るけれど、実はかなりのレアポケモン。

いかがでしたか?

なかには「え!?」というモノも見られますが(笑)、ハッシュタグ「#pokemontattoo」に寄せられたポケモンタトゥーは、どれもポケモン愛溢れたタトゥーばかりですので、現在、海外で人気急上昇中のポケモンタトゥー。興味を持った方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス