100円ショップで売っている格安アルカリ乾電池。4、5本まとめて108円。このお値段だったら、たとえ品質が悪くても、まぁ納得……という感覚で買われる方は少なくないと思います。

でも、実際に安かろう悪かろうなのでしょうか。そこのところガチ検証してみました。おなじみの100円ショップに加え、コストコの高コスパ電池も含めて性能をチェック!(編集部)

チェックしたアルカリ乾電池について

100円ショップ(ダイソー・セリア・キャンドゥ)、フライングタイガー、コストコで販売している格安の単3形アルカリ乾電池の性能を検証(参考用としてパナソニック製『金パナ(通称)』『EVOLTA』)。

検証① 持続時間(0.9V終始時間)

出典 http://mitok.info

2.2Ωのセメント抵抗を電池につなげて、終止電圧(電池の寿命となる電圧、アルカリ電池の場合は0.9V)に下がるまでの時間。もっとも長く使える電池はどれかという指標だ。

検証② 開始後60分経過時点の電圧

電池が余力を残している60分経過時点において、高い電圧を維持できているかどうか。高電圧を示している電池は内部抵抗が低く、高電流を継続して流せているということになる。

検証③ 実測容量

終止電圧0.9Vになるまでの電流記録の合計を1時間(3,600秒)と抵抗値2.2Ωで割って算出した。これは各電池が1時間流すことのできる電流の値を示している。充電池の mAh(ミリアンペアアワー)の値に換算したと考えてもらってよい。※検証の実行回数は2回、好結果の数値を採用した。

※本企画の検証結果はすべての商品で同様の結果を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、購入する際の一材料として参考にしていただければと思います。

ガチ検証結果まとめ!

出典 http://mitok.info

上記が今回の検証結果まとめとなる。この結果から判断すると……

安さと性能を兼ね備えたダイソー『DAISO&S』を選べば問題なし!

『DAISO&S』の検証結果

参考価格 108円(5本)
製造・販売等 大創産業
60分後電圧 1.1167V
実測容量 1,633mAh
0.9V終始時間 202分52秒
液漏れ機器補償 ✕
期限年数 7年
検体の使用期限 2023年3月
検体の製造年月 2016年3月
コスパ 21.6円/1本・13.2円/Ah

放電グラフ

出典 http://mitok.info

出典 http://mitok.info

安くて大容量のアルカリ乾電池はどれか? 実測容量が1,600mAh以上かつ1本あたりの価格が30円以下を条件に抽出すると、ダイソー『DAISO&S』(5本入り108円)がトップだった。2個ずつリモコンに使って、余った 1本をどうする? といった問題はさておき、5本108円でこの計測結果はかなり魅力的だ。100円ショップでアルカリ乾電池を買い求める際は、本商品をチョイスすれば問題ないだろう。

↓上記の結果以上のことに興味のある方は、下記の総論もお読みください。

まとめ①)高コスパ電池の性能はほとんど僅差

すべてのアルカリ乾電池の放電グラフを重ねて見ると、ほとんどの電池で似た特性になっていいる。放電時間は平均値を中央にして±20分の間に納まっている感じだ。通常価格品でも10分程度の個体差はざらに出てくることも考えれば、100円ショップで買える高コスパ電池の性能が大きく劣るとは言いがたく、むしろ性能差はほとんど僅差と言ってもよいかもしれない。

まとめ②)国産電池は高価だが給電性能はワンランク上

主に100円ショップで購入した電池は、放電開始から120分までの放電電圧において、金パナとEVOLTAを超えるものは無かった。

放電時間は、電池の容積を大きくして蓄電物質の量を増やせば延ばすことが可能だが、放電電圧の高さは蓄電物質のレシピや電池構造に大きく左右され、電池の性能そのものであるとも言える。この点はやはり有名国産メーカー製の電池はレベルが一回り上であることがわかる。

まとめ③)皮むき検証について

電池の表面の柄や文字が印刷してあるフィルムを剥がすと、電池のガワが露出して、製造番号の刻印や、板金の形や封止加工の違いで、加工工場や生産者が違うという点程度なら推測することが可能だ。

コストコで買った大量パック2種、セリアで買ったロイヤルパーツの電池は他のものとはガワの構造が異なっていた。コストコ2種はマイナス側の板金のパッキンに特徴がある。かしめ加工がまったく一緒で、カークランドシグネチャーブランド(コストコPB)電池は、ほぼDURACELL(デュラセル)のOEM品と言って間違いないだろう。

ロイヤルパーツのものは他の100均ブランドの構造によく似ているが、マイナス側の板に凹み加工があった。

まとめ④)液漏れ性能も忘れるべからず

電池ガチ検証で、毎回忘れてはいけないと書いているポイントだが、耐液漏れ性能=液漏れのしにくさ、を気に留めておいてほしい。ボタンを押しても反応しなくなったリモコンの電池蓋を開けたら、グズグズ汁漏れ状態の電池が……という経験はないだろうか?

アルカリ乾電池には蓄電物質から発生するガスを抜くための穴が空けられており、その構造上液漏れを完全に防ぐことはできない。液漏れの原因には、逆挿し=過負荷、構造物の劣化、封止部品の錆びなどがあり、耐液漏れ性能は、重要なポテンシャルのひとつと言えよう。

液漏れ性能についての検証は、より専門的な設備がなければ難しく、本記事でなかなか行うことができないが、経験的には国産品、格安品どちらの電池も、何年も放電したまま放置すれば、必ず液漏れはしてしまう。 やはり、液漏れの根本的な予防策は「長期間使用しない時は電池を抜く」以外なさそうだ。

おまけ)高出力・瞬発力ならキャンドゥで買った『ALKALINE』(モリトク)

出典 http://mitok.info

パワーで選ぶ場合、参考用として取り上げた国産『EVOLTA』や『金パナ』には及ばないが、60分後電圧1.1V以上を条件に抽出すると、キャンドゥで購入した『ALKALINE』(モリトク、4本入り108円)がベストという結果に。コスパを考慮すれば、かなり優秀と考えてもよいだろう。

おまけ)残念賞はまいばすけっとで買った『ahydrate』

出典 http://mitok.info

放電時間の成績から最下位を選ぶと、まいばすけっとで購入した『ahydrate』が残念な結果に(166分29秒 / 実測容量0.9V終始時間1,324mAh)。どの電池も僅差で、これで残念賞と言うには少々気の毒ではあるが……。

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス