警察官が、業務行為を超えて親切で何かをするというニュースを耳にする度に、社会はまだまだ捨てたものではないと感動させられます。アメリカで最近起こった警察官による黒人射殺事件は、復讐のようにその後警察官が黒人住民に射殺されるというショックな事件に発展し、アメリカ全土に衝撃を与えました。

この事件以降、アメリカでもイギリスでも、警察官は市民を守るために懸命に日々勤めているということを表したかのようなキャンペーンも行われたりして、メディアで話題となりました。

「悪い警官もいるが、ほとんどの警官は市民の安全を守るために全力を尽くしている」とFacebookでも綴られています。そしてそれは真実だと筆者も思っています。このほど、アメリカで、ある一人の警官が7歳の子供に示した親切に全米メディアが注目しました。

オハイオ州フランクリン群で起こったある出来事とは

出典 https://www.youtube.com

オハイオ州フランクリン郡警察のスティーブン・ダンハムさんは、「薬局の前に男の子供が一人でいる」という市民からの通報を受けて、その薬局へ向かいました。そして男の子の目的を聞いた時に、ダンハムさんは心を痛めてしまったのです。

「食べ物を得るためにぬいぐるみを売ろうとしていたんだ」

出典 https://www.youtube.com

話を聞くと、男の子は数日間何も口にしていないということでした。お金もなく、自分のぬいぐるみを売れば食べ物を買うことができるかも知れないと、薬局の前でぬいぐるみを売ろうとしていたのです。

「それをきいて、胸が痛んだよ」ダンハムさんはみすぼらしい身なりでお腹を空かせて佇んでいる男児を気の毒に思うと、車に乗るように指示。そしてある所へ向かいました。

サブウェイで男児に食事を食べさせた

出典 https://www.youtube.com

正直、ダンハムさんはここまでする必要はありませんでした。でも個人的に男の子の境遇を気の毒に思い、親切で食事を奢ってあげたのです。そしてその後、男の子を家まで送ってあげることに。そしてこの7歳男児が、あまりいい家庭環境にいないこともわかりました。

男の子を自宅まで送り届けたダンハムさんは、男の子は4人の兄弟と荒れて汚れきった家に住んでいることを知りました。更に調べてみると、男の子の両親はこれまで育児放棄で10回も警察に逮捕されているという過去があることも判明したのです。

「彼は人として正しいことをしたと思います」

出典 https://www.youtube.com

フランクリン警察のチーフであるラス・ウィットマンさんは、「自分の子供のように、男の子の面倒をみた彼はとても立派だと思う」とダンハムさんを称賛し、今回の彼の親切行為が、今後の少年たちと家族を変えるきっかけになってくれればとメディアのインタビューで語りました。

誰にでもできそうなことでもなかなかできることではない

出典 https://www.youtube.com

お腹を空かせている子供にご飯を食べさせ、自宅まで送っていく…たったそれだけのことですが、普段忙しい警察官はより重要な犯罪や事件に追われているために、一人一人にそうした親切行為をしていられないというのが正直なところではないでしょうか。

ほんのちょっとしたことでも、時間や業務を考えるとなかなか実行できることはありません。でも、ダンハムさんは心を打たれたために業務範囲を超えて子供に接しました。これがきっかけとなり、現在その男の子と兄弟は親戚の家に預けられることになったそうです。

「子供を危険な状態に晒す」ということで10回も警察に拘束されいた子供たちの両親は、残念ながら子供たちと一緒に暮らす権利を剥奪されたそう。子供たちに話すことも禁じられたということで、家族がバラバラになってしまったことは悲しい結果と思わざるを得ませんが、少なくとも親戚の下でこの子供たちが飢えることなく生活していけることを願う筆者です。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス