いわずと知れた「スターバックスコーヒー」筆者も今、スタバ来てこの記事書いてるんですよ〜。窓際のカウンターで気取ってます(笑)そして、店内を見ると…緑のエプロンをしたナイスな店員さんばかり。なんとこの店舗、スタバエリートのブラックエプロンが4人いる上に、ブラックエプロンの頂点、茶色のエプロンもいるという超レアな店舗なんですが…あれれ?今日いない…

それもそのはず!なんと今、日本中のスタバエリート「ブラックエプロンバリスタ」がコミケに集結し話題になっています。え?ブラックエプロンってそんなに凄いの?と思いますよね。今回は、コミケで話題のスタバエリート「ブラックエプロン」と高クオリティな接客を提供してもらった人達の声をお届けします。

ブラックエプロンバリスタってすごいの?

皆さんがスタバに行くと「パートナー」と呼ばれる緑のエプロンを着用した店員さんを多く見かけると思います。その中に「ブラックエプロン」と呼ばれる黒いエプロン姿のバリスタを見かけたことありませんか?「ブラックエプロン」この言葉だけを聞けば、強うそうなイメージもわきますが…そもそも、ブラックエプロンとは何なのでしょう?

コーヒーの専門知識を持ったスタッフの事です。スターバックスはスペシャルティコーヒーを提供している以上、その専門性をしっかりお客様に伝えなければいけません。ブラックエプロンのバリスタは、リーダーシップをもって率先し伝えていく立場にあたります。

出典 http://www.cafetribe.com

なるほど。率先して緑のエプロン「パートナー」さん達を引っぱり、豊富な専門知識でお客様に美味しいコーヒーを提供してくれるのがブラックエプロン。緑のエプロンの方々がこのブラックエプロンを目指し、日々勉強している姿を筆者もよく目にします。お話した時「もうすぐテストなんです。もう2回も落ちてる…」と聞きました。ブラックエプロンって狭き門なのでしょうか?

日本にはコーヒーマスタープログラムというものがあります。まずは店舗で「コーヒーマスター」として認定をうける必要があり、さらにその「コーヒーマスター」を対象とした年に1度行われる社内試験を受けて合格すると晴れてブラックエプロンになれます。

出典 http://www.cafetribe.com

年に1度しかチャンスのない社内試験、しかもその前に店舗で「コーヒーマスター」の認定を受けなければいけないという。…目指せ!ブラックエプロン。

ちなみに新宿にある新宿マルイ本館内2階には、日本唯一である『ブラックエプロンだけの店舗』があります。ブラックエプロンバリスタに接客されてみたいという方は是非、行ってみてはいかがでしょう。

ところで、これだけ厳しいとなると日本には今何人のブラックエプロンがいるのか気になりますね。

約1,900名です。全国のスターバックスのバリスタは約22,000名ですのでおおよそ12名にひとりの割合ですね。

出典 http://www.cafetribe.com

22,000名のバリスタの内、ブラックエプロンは1,900名!そして今、スタバが誇るコーヒーのスペシャリスト「ブラックエプロン」がコミケに集結しているとの情報をキャッチ!

コーヒーの専門知識が豊富で好みのコーヒーを探してくれる上に、そのコーヒーと相性の良い食べ物もまで提案してくれ、もちろん接客もスペシャリスト。そんなブラックエプロンが2016年8月12日〜14日の間、開催されている、3日間で約55万人もの人が参加する世界屈指のイベント『コミックマーケット(コミケ)』に大集合

1日で15万人以上の人が世界中から集まる、オタクの祭典!超一大イベントです。国際展示場周辺のお店も、もちろん大忙し。時間帯によってはお腹を空かせた人たちが一気に流れ込んできます。そんな人達をスムーズな対応で見事に捌くブラックエプロン!

忙しいを超えた忙しさの中でも笑顔を絶やさずスタバらしい接客をし提供し、美味しいコーヒーでコミケに訪れた人達を癒してくれる、スタバの精鋭、ブラックエプロンの皆さん。今日も奮闘していることでしょう。

そして…筆者、チラッと書かせて頂いた「茶色のエプロン」このエプロンのバリスタさんを見れるのは本当にレア。いったい、この茶色のエプロンバリスタさんとは何なのか簡単にご説明させて頂きます。

出典 http://tokyowise.jp

ズラッと並ぶブラックエプロン、皆さんボードを掲げ何かしてますね。これは、ブラックエプロンバリスタの頂点=コーヒーアンバサダー(伝道師)を決める大会の模様です。

ブラックエプロンだけでも全パートナーの約8.6%という狭き門なのですが、更にその上を目指し日々、勉強にあけくれているのです。そのコーヒーアンバサダー(伝道師)どんなことするんでしょうね。

コーヒーアンバダサーの役割はその名前のとおり、1年間スターバックスの“顔”となり、社内外での様々な活動を通してスターバックスのコーヒーの魅力を伝えることだ。

出典 http://tokyowise.jp

コーヒーアンバダサーにもなると香りだけでローストの深さや銘柄まで分かるというから驚きです。狭き門のブラックエプロン達が目指す頂点、それが『コーヒーアンバサダー』

ブラックエプロン、茶色のエプロンを着用してるバリスタさんを見かけた方は是非、オススメのコーヒーなど聞いてみてはいかがでしょうか。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス