記事提供:デイリーニュースオンライン

DJあおいの「じゃあ言わせてもらいますけど」

7月22日に日本でも配信が開始され、熱狂的な人気を博しているスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」。

ネットのご意見番、DJあおいはこの騒動をどう分析するのか──。

■ポケモンGOを実際にやってみた

大人気のスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」。日本でも配信がスタートされ、早くも社会現象になっているわけですけども、人気なものには賛否が論じられるのが世の常。

歩きスマホや自転車や車の運転をしながらゲームをプレイして事故に遭った非常識なプレイヤーも現れて批判的な意見も多く聞こえてきます。某コメンテーターは「こんなことに打ち興じている人を心の底から侮辱します」とコメントして炎上騒ぎにもなりましたね。

筆者もポケモンGOにはあまり肯定的ではないのですが、やりもしないで批判はできないなと思い、とりあえずダウンロードしてプレイしてみました。

ポケモン自体の予備知識が乏しいのでよくわからないのですが、筆者の部屋にはコウモリのオバケみたいのしか出ないんですよね。

「これ以上やったら戻ってこられなくなる……」という恐怖心ですかね。完璧主義故に自制心が効かなくなってしまう自分が怖いんですよ。

よく見れば、周りのポケモンGOやらない派の人達も、一度スイッチが入ってしまえば自制心が効かなくなる完璧主義な人ばかり。

今のスマホ世代って課金システムに慣れているから、そこら辺の境界線は越えないように訓練されている人が多いんですよね。ほどほどに遊ぶことができる自制心がついているから気軽にプレイできるのでしょう。

昔ながらの完璧主義な人達にとっては怖いゲームなんですよ。面白いと感じてしまうから尚更怖い、面白いけどやってはいけないという葛藤。ほどほどに遊べる能力がある人が羨ましいんです。だから批判したくなるんですよ。

批判してつまらないゲームに仕立て上げれば、自分を納得させることができるわけですからね。

著者プロフィール

DJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。

●公式ブログ http://djaoi.blog.jp

●Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi

サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス