記事提供:Conobie

上のクラスや下のクラスの子ともまんべんなく仲良しな息子ですが、幼稚園に入園した当初は問題だらけでした。

れっち3歳 きっかけは幼稚園入園

息子・れっちは現在幼稚園の年中クラス。幼稚園大好き!お友だち大好き!同じクラスの子はもちろん、上のクラスや下のクラスの子ともまんべんなく仲良しなれっちですが、幼稚園に入園した当初はそうではありませんでした。

行ったら行ったで楽しくやっているようなので「朝だけかな?」となんとか励まして登園させていたんですが、その内なぜかお見送りやお迎えの時に一緒に来ているよちよち歩きの子にイジワルをするようになってしまったのです。

1回2回だけではなく、小さい子を見つけると目の敵のようにつきとばしてしりもちをつかせてしまうことも…

もちろんイジワルをしたこと自体すぐに注意していたのですが、れっちと話をしてもなぜそうしてしまうのか自分でも分からない(説明できない)ようで私も混乱していました。

とにかくれっちが何かしないように見張る。しそうなら止める。イジワルしそうになった子、してしまった子とその親御さんにはとにかく謝って…と、園にいる間は、全く気が抜けませんでした。

自分の子どもが何を考えているか分からなくて、私が幼稚園に行きたくなくなってしまっていました。

学級懇談会で打ち明けたのをきっかけに

その頃開催された学級懇談会のテーマが『子育ての悩み』でした。私はいい機会なのでこの場を借りて皆さんに謝ろうと思い、

・れっちが小さい子にイジワルをしてしまうこと

・なぜそんな行動をするか分からないこと

思い切って、正直に話しました。

責められても、呆れられても仕方ない…そう思っていましたが、まわりの反応は違いました。

共感してもらえたり…

協力すると言ってもらえたり…

その後も声をかけらてもらえることが増え、話をするだけですごく気持ちが楽になりました。

周りに受け入れてもらえて、変わっていった息子

れっちのその行動はだんだん減っていき、2学期に入って気づいたころには全くなくなっていました。むしろ、小さい子大好きでよくお世話をするようになったくらいです。

登園時には行きたくない!降園時には帰りたくない!と騒いでたりもしていましたが、それもなくなりだいぶお兄さんらしくなりました。環境の変化で知らずの内にストレスがたまっていてそれが小さい子に向いてしまったていたのかな…?

あの時、皆さんに受け入れてもらえなかったら、今のれっちと私はなかった。もしかしたら本当に園を辞めていたかもしれない…そう思います。

自分たちは、支えられて生きている

子どもを生んでから、自分はすごくまわりの人に支えられて生きてるんだなと、あらためて感じるようになりました。そして幼稚園に入園して、それはますます強くなりました。

「ママ友は怖い」

そんなことも耳に入るし、実際にそういうこともあるとは思います。たまたま同じ学年の子どもがいる。それだけの縁かも知れませんが子どもを思う親同士、協力できたらいいですよね。

この記事を書きながら、改めてそう思ったのでした。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス