突然ですが、下の画像の中にある緑色の容器を10秒間見つめてください。

いかがでしょうか?背後にうっすらと書かれたWINE(ワイン)という文字が、少しずつ消えて無くなっていったはずです。
 
こちらの画像はメキシコの洗剤メーカーPersilが制作した広告で、目の錯覚で文字が消えてしまう仕掛けが施されています。
 
WINEだけではなく、他にもCURRY(カレー)やINK(インク)など、衣類につくと洗っても落ちにくいものが文字として採用されています。

「Persilで汚れた衣服を洗えば、何の痕跡もなく綺麗になりますよ」というメッセージを発信しているわけですね。実際に商品を購入して効果を試したくなる、オシャレでクリエイティブな広告でした。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス