可愛がっていた我が子が突然いなくなったら…?そんな経験をした男性が、2年の月日を経て娘と再会した喜びが英メディアで報じられました。

ある日突然、母親に連れ去られた娘と再会

出典 https://www.youtube.com

娘の父親であるブライアン・トゥーヴァネルさん(41歳)は2010年にある女性とバーで知り合います。その頃少し荒れた生活をしていたというブライアンさん。すぐに女性と意気投合、付き合ううちに女性が妊娠。娘の名前を一緒に考えハーモニー・レインと名付けました。

ところが次第に二人の関係がこじれ、ある日突然、女性は娘と姿を消してしまったのです。それから2年間、ブライアンさんはひたすら娘の行方を探し続けました。オレゴン在住のブライアンさんが、ワシントンのあるホームレス施設でハーモニー・レインちゃんによく似た子供を見たと友人から連絡をもらったのが2014年の7月。

すぐに車を飛ばしワシントンへ向かいました。ブライアンさんには以前のパートナーとの間に14歳と17歳になる子供がいましたが、幼いハーモニー・レインちゃんのことを忘れない日は一日もなかったと言います。

そして、2年ぶりに娘の姿を見た時にブライアンさんが「ハーモニー、パパだよ」と話しかけると、満面の笑みを浮かべたハーモニー・レインちゃん。2年離れていても、幼いハーモニーちゃんはブライアンさんを忘れてはいなかったのです。

父子の絆、ふたたび

出典 https://www.youtube.com

ただ、ハーモニ―・レインちゃんがホームレス施設にいたということは、この2年間決していい環境には暮らしていなかったということがわかります。子供ながらに色々精神的に背負うものもあったのでしょう。ハーモニー・レインちゃんは、不安や心配など過剰にしがちな「社会恐怖症」を患うようになっていたそうです。

裁判で親権も勝ち取ったブライアンさん

出典 https://www.youtube.com

その後、裁判で母親から親権を勝ち取ったブライアンさん。ハーモニーちゃんの母親はそれを逆恨みし、また裁判を起こすつもりで闘う気満々だそうですが、ハーモニーちゃんの幸せが一番大切だと考えるブライアンさんは、ハーモニーちゃんの母の攻撃をなるべく相手にしないようにしていると言います。

「これからたくさん思い出を作っていきたい」

出典 https://www.youtube.com

我が子と離れていた2年間、行方もわからず心配の日々だったというブライアンさんは、これからはハーモニーちゃんと新たな絆を築くべく、思い出をたくさん一緒に作っていきたいと話しています。

子供にとって、親が何かの事情で別れることになりホームレス生活を強いられることになるほど傷つくことはないでしょう。ハーモニーちゃんの母はホームレス施設にはいなかったと言います。一人で孤独に施設で暮らしていたハーモニーちゃんを見つけることができてブライアンさんもどれほど安堵したことでしょうか。

これからはパパの下で幸せにね!

出典 https://www.youtube.com

両親が揃って幸せになるのは何より素敵なこと。でも社会には様々な事情でシングルファーザーやシングルマザーが存在します。他人には計り知れないいろんな事情がある中でたった一人で子育てをしていくことは決して容易ではないでしょう。

親が幸せになる権利があるなら、当然子供も幸せになる権利はあります。だからこそブライアンさんの下に引き取られることになったハーモニーちゃんは、これから幸せに暮らしていくことができるでしょう。ブライアンさんも2年間の溝を埋めるようにしたいとハワイへのホリデーも計画中なんだそう。今後、二人には是非幸せになってほしいですね!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス