「吸血鬼なんだけど、他の人と同じように接してほしい。」もし、あなたがある男性にそんなことを言われればどう思うでしょうか。きっと気味悪がってドン引きしてしまう人がほとんどなのでは…。

筆者の住むイギリスには、自称「吸血鬼」という人が結構存在します。そしてその吸血鬼をサポートする団体もあります。サポートしている人は、吸血鬼に血を与えるという役割で、現在イギリスには15,000人の吸血鬼がおり、サポートしている人はその2倍と言われています。

「吸血鬼を勘違いしている人も多い」

Licensed by gettyimages ®

ハリウッド映画やテレビドラマなどでよく見る吸血鬼のイメージと重なって見てしまう人も多いそうですが、本当の吸血鬼の人たちによるとそれはあくまでもイメージであって、黒っぽい服を着たり、ゴシックなスタイルをするいわゆるステレオタイプの人たちは、吸血鬼の中でもわずか35%にしか過ぎないのだそう。

35%のなりきり吸血鬼は墓場に集まる

Licensed by gettyimages ®

ただ、「吸血鬼」と名乗る人の中には、映画などのようなステレオタイプになりきりたがる人たちもいて、彼らは連盟に参加し、牙を付けてマントを背負い墓場に行って血液に似た飲料を飲む人もいるそう。

本物の吸血鬼と違うところは、やはり血を飲むか飲まないかということで、本物の吸血鬼はボランティアから捧げられる血液を飲んだり、またカップルの吸血鬼は互いの血を吸いあったり、豚や牛の血を肉屋から調達して飲むという人もいます。

吸血鬼同士のカップルは、血を吸いあうことで愛の確認をする

Licensed by gettyimages ®

カップルの数だけ様々な愛の形が存在するというのは本当で、吸血鬼同士のカップルは血を飲むことで互いの愛を確認し合うという人が多い様子。その行為が、性行為のように恍惚としたものになるという快感は、きっと吸血鬼である本人同士にしかわかり得ないことでしょう。

ところが、イギリスのブラックバーンに住む25歳の男性は13年間、吸血鬼として暗い生活を送っているそう。というのも、自分が吸血鬼であるために周りから偏見を持たれ、差別され、時に苛められるという生活をしているのだとか。

吸血鬼らしく、カスタマイズした棺桶で寝起きする男性

出典 https://www.thesun.co.uk

こちらの男性、「Darkness Vlad Tepes」という名前を持つのですが、実は数年前にこの名前に変更したそうです。吸血鬼として13年、そしてこれからも血を吸いながら生きていくというダークネスさんは、人間の血の他に豚や牛の血を飲んで生きていると言います。

母親のシルビアさんは息子の人生を見守っているそうですが、社会の反応は冷たいとダークネスさんはメディアのインタビューで語っています。「友人とパブに行ったんだけど、僕の格好を見て他の客が『すっげぇ変な顔!お前、子供の頃絶対苛められただろ』とか言ってきて…。僕は確かに吸血鬼だけど、周りには普通の人間のように扱ってほしいんだ。」と胸の内を語りました。

吸血鬼になりたがる人も、本物の吸血鬼も目の周りを黒く縁取る人が多いのですが、ダークネスさんもくっきりアイラインを目の周りに引いているので、それが周りには奇妙に思えたのかも知れません。「自分らしくいることに批判される筋合いはない」と彼は主張。

きっかけは少女たちのゾンビ姿を見たことだった

Licensed by gettyimages ®

ダークネスさんは10代の頃、犬の散歩に出た際にゾンビ姿をした少女たちを見かけ、驚いて走って家に逃げ帰った経験があるのだとか。「最初見た時は、彼女たちに恐怖しかなかったけど、だんだん好奇心が湧いてきて。数日後、彼女たちを見た時に話しかけてみたんだ。それからずっと吸血鬼の人生を歩んでいるのさ。」

「ガーリックOKだし、日光も平気」

出典 https://www.thesun.co.uk

ステレオタイプの吸血鬼ではないので、ダークネスさんは名前の割には、日中、日が当たる場所を歩くのも好きな上にガーリックも問題なく食べられると言います。

「吸血鬼として人生を送るのは難しい」というダークネスさん。周りの偏見があるために、時としてそれが事件にも繋がってしまうからです。2007年にはソフィー・ランカスターという10代の女性が、ゴシックファッションをしていたために攻撃され不幸にも亡くなるという事件が起きています。

ダークネスさんは「周りの人は、彼らにとって普通なことは僕たちにとって普通じゃなく、またその逆も然りだということを理解してほしい。それでも、他の人と同じように偏見を持たずに接してほしい」と訴えています。

米アイダホ州の社会学研究をしている専門家も「吸血鬼と名乗る人たちのライフスタイルは受け入れるべきだ」と個人の生き方をリスペクトすることを主張。結果としては、誰に迷惑をかけているのでもなければ、吸血鬼であろうがなかろうが、批判するべきではないといったところなのかも知れません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス