出典 http://getnews.jp

記事提供:ガジェット通信

ライフスタイル家電・家具ブランドの『UPQ(アップ・キュー)』は、2月に発表した折り畳み可能な電動バイク『UPQ BIKE me01』の予約受付を8月9日から開始したことを発表しました。

『UPQ BIKE me01』は、ACアダプターによる充電で走行可能な電動バイク。国内法規上は「原動機付自転車」の車両区分で、運転には原動機付自転車免許が必要です。

充電時間は約3.5時間で、時速25km、乗員55kgの条件で約35kmの走行が可能。最高速度は時速30km。耐荷重は約100kg。スマートフォンやカメラの充電ができるUSBポートを搭載しているのも特徴です。

8月9日から東京・二子玉川の蔦屋家電の店頭とECサイトで予約受付を開始。店頭では実機も触れるそうです。9月10日以降、順次発送を開始するとのこと。東京・八重洲のコンセプトLABI東京でも8月9日から店頭で予約受付を開始しています。

メンテナンスにはユーザー向けにサポート用のメールアドレスと、バイク販売店向けのサポートサイトを用意。ユーザーの最寄りのバイク販売店からメンテナンスパーツを取り寄せてパーツ交換を可能にする方針とのこと。

ファッションブランドの“マザーハウス”と共同で開発した『UPQ BIKE me01』純正の2WAY レザーバッグも発表されました。RedとNavyの2色をラインアップして、Navyは8月9日、Redは8月18日に発売。各色250個の数量限定で、価格は1万7900円(税別)。

サドル軸に取り付けるとフレームバッグに。5.5インチまでのスマートフォンが収納でき、『UPQ BIKE me01』のUSBポートから充電が可能。サドル軸から外してストラップを取り付けると、ショルダーバックとして利用できます。

販売店舗はマザーハウス本店、蔦屋家電、コンセプトLABI東京。8月24日から9月6日までの期間限定で、新宿伊勢丹 時の場でも販売します。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス