記事提供:いいモノ調査隊

蒸し暑いこの時期は、ゴミの始末に注意が必要。どうしてかというと、ゴミの処理次第でアイツ(ゴ○ちゃん)の出現率も変わってくるから。筆者はできる限り、その日のゴミはその日のうちに外のゴミ箱に入れるように心がけています。

その際、買い物袋としてもらったレジ袋が大いに役立つので、専用のアイテムに引っ掛けて毎日使っています。

さまざまなジャンルのインテリア雑貨を手がける「山崎実業」のレジ袋スタンド。ただ単にレジ袋を引っ掛けるだけのものなんですが、これが何かと重宝するんです。

それがこれ。以前紹介した「modes(モデス)ポリ袋ストッカー」と同じメーカーのもの

こうやってレジ袋をひっかけて使います

普段はレジ袋1枚を引っ掛けて使っていますが、プラやトレーなど地域によっては分別が必要な場合、4枚まで引っ掛けて使用可能。

袋がいっぱいになったら口を結んで、外のゴミ袋にポイするだけ。30Lサイズのゴミ袋も引っ掛けられるので、家中のゴミを集める際にも活用できます。

頼りなく見えますが、ズレ防止用のマグネットが付属しているので袋が落ちる心配はありません。折りたためば厚さ3.5cmになり、すき間に収納もできますし、軽量なので持ち運びも全然苦になりません。

また、筆者がより“重宝する”と感じたのはアウトドアで使った時。キャンプやBBQでは、外でゴミを集めることになりますが、そんな時にとても役立っています。

分別が必要な際には2~4枚まで引っ掛けられます

缶や瓶の分別にGOOD

これまで外でBBQをする時は、ゴミ袋はどこかにくくりつけておくくらいしか対応していませんでした。

でも、これがあれば簡易的なゴミ箱として便利に使えます。折り畳めるので荷物にもなりません。

また、今までは人数が多いと、最後は分別が適当になってしまい、あとから分別作業をしなくてはならないこともありましたが、このスタンドを用意してからはそんなことも皆無に。上からどのゴミが入っているのか見えるので間違えることもありません。

お家の中でも外でも活躍するレジ袋スタンド。単純な仕組みですが意外に役に立つので、一家に1つあったら便利かもしれませんね。

(2016年7月29日掲載)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス