中国では悪質なナンバープレート隠しが問題になっています。今回はそんな中でも想像を遥かに超える超ド級のナンバープレート隠しが発覚し話題になっています。

その隠し方はまさに「命掛け」そこまでして隠したいものが「ナンバープレート」ちょっと理解の範疇を超えていますが、逆に笑えもするその姿…皆さん、是非ご覧下さい。

バンパーにしがみつく男

出典 https://www.youtube.com

この度、監視カメラが録画した映像に映っていたのは、走行中のトラックのフロントバンパーにしがみつく男。必死にナンバープレート隠してます。

この行為が目撃されたのは2016年7月28日午前6時ごろ。道路に設置された監視カメラの映像にバッチリ映っていたのです。

Chinese man covers license plate of moving truck with body

出典 YouTube

中国メディアによりますと、トラックは時速約20kmのスピードで走行してたそうで…なんで20kmでナンバープレートを隠したのかは謎ですが、この映像が公開され多くの人が「嘘だろ「加工じゃないのか」とにわかに信じられない様子。

しかし、中国公安局交通警察がこの映像は本物と認めると一気に拡散されてしまいました。このトラックにしがみついている男性が上手く隠したお陰なのか知りませんが、まだ摘発にはいたっていません。分析の結果、ナンバープレートの一部が判明し現在その行方を追っているそうです。

公安局交通警察によると「絶対許せる行為ではない」とのこと。そりゃそうですよね。世界人口ランキング第一位の中国。色んな人がいるとはいえ、これは尋常では考えられません(笑)

尚、この運転手さん摘発されたら200元(約3,053円)の罰金及び12点の減点処分(免停)が科される予定。しがみついている男性がどうなるのか気になります。

中国のナンバープレート隠しがもはや職人技!

出典 http://template.hamatanikinzoku.co.jp

先に述べましたが、中国のナンバープレート隠し、かなり悪質。また、隠す理由が盗難車を乗り回すではなく、「プライベートだから」「オービスに映されたくない」なんて単なる我が儘とし言えません。しかし、なんでも真似っ子大国、中国!手先が器用なんでしょうか。ナンバープレート隠しがもはや職人レベルなんです。

ということで、職人技のナンバープレート隠しから、ちょっと笑えるナンバープレート隠しをご紹介します。

歯みがき粉でナンバープレート隠し

出典 http://jp.autoblog.com

中国のナンバープレートは青地に白。この車「京N・NJ271」と書かれていましたが「7」の文字がなんだか不自然、警官に止められて調べたところ「歯みがき粉」で「1」を「7」に偽造。結局、ドライバーは3万円近い罰金と6点の減点を課されました。因みに、このドライバー他の違反で既に6点しかなかった為、免停になったそうです(笑)

磁石でナンバープレート隠し

出典 https://ancar.jp

こちらの画像。少し荒いのですがナンバーに違和感ありませんよね。しかし…

出典 https://ancar.jp

青地に白でナンバープレートそっくりの数字とアルファベットを作り磁石を貼り付けていました。警察官も触るまで気が付かないほどのクオリティの高さだったとか。よく気がつきましたよね!

特殊加工でナンバープレート隠し

出典 http://re-file.com

ナンバープレートになにやら膜が・・何かを塗っているそうなのですが…

出典 http://re-file.com

ナンバープレートが反射してる!そう、先ほどの膜はナンバープレートを特殊加工しカメラ等で撮られた時のフラッシュを反射させナンバーを見えなくするという悪質なもの。よく考えつきましたよね。

最後はこちら!ナンバープレートがない!

出典 http://www.china8.jp

隠すどころか堂々とナンバープレートを外して走行する車が中国には多くみられるそうです。偽造に疲れたのか?違うのです。中国では、偽造も多いのですがナンバープレートの盗難も多い。そして、中国の国土はとても広いですよね。この広さが災いしてなのか…

中国ではナンバープレートの再発行は最初に申請した公安局でしか受け付けてくれません。移住などのが原因で引っ越し。その地域の公安局に行っても再発行してくれないのです。となると、広い国土を持つ中国、移住先が生活している町から何百キロから一千キロと離れることもあります。ナンバープレートを盗まれた上に、お金を使ってそんな遠くまで行き再発行なんてやってられない!という人達がナンバープレートを付けずに走行しているのです。

わざと他人のナンバーを取って、近くの公園の芝生などに隠します。車にスリの携帯番号がちゃんと残ります。自分のナンバーを取り戻したかったら、100元~500元の謝礼を振り込んでくださいと。入金したら、ナンバーの隠した場所を教えてくれるとのことです。自分の昔の町に一度戻って再申請するより、安い費用でナンバーが戻されます。
しかし、それに腹が立って、自分が労力を使っても、お金を使ってもリスにお金を払いたくない人がいます。その人達は、一度盗難届けを出して、ナンバーがなくても、一定期間は平気で走れます。

出典 http://www.china8.jp

中国のナンバープレート隠し。悪知恵を働かせ、あの手この手で攻めてきます。そして、遂には命がけでバンパーにぶら下がる暴挙。なぜ、あれで上手くいくと思ったのか?映像に映ったら逆に目立つと思わなかったのか?さっきから考えてるのですが理解できません。

ただ…本人達が必死なのは伝わってきます。そして、申し訳ないのですがあまりにも痛々しくて笑ってしまいます。中国のナンバープレート隠し、どれもこれも普通にダメです。検挙された時は厳しくお灸を据えられることでしょう。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス