記事提供:子ある日和

待望の赤ちゃんが生まれる、とても楽しみで待ちきれないですね。

すでに必要なものをいくつか準備していると思いますが、チャイルドシートも用意してほしいもののひとつです。

結構高価なものだけれど、チャイルドシートって必要?どんなものを選べばいい?

ここではチャイルドシートの必要性とその種類をいくつかまとめてみました。

死亡率は2倍、子供を車に乗せるときは必ずチャイルドシートを使用しよう

国土交通省の調べによると、交通事故が起こったときにチャイルドシートを使用してない場合は子供の死亡率が2倍にもなるそうです。

子供は何かが起こったとき、大人のように自分で自分の身を守ることができません。

車に乗っている子供を事故の被害から守るため、平成12年4月から6歳未満の子供へのチャイルドシートの着用が義務付けられました。

着用していない場合、反則金はありませんが使用義務違反となり点数1点となります。

まだ小さいし抱っこでいいのでは、と考える人も中にはいるかもしれませんが、時速40kmで車が走行して事故に遭えば子供の体重の30倍もの力が衝突時に発生し、とても腕だけで支えられるものではありません。

子供が生まれたら必ずチャイルドシートを準備して命を守ってあげてくださいね。

チャイルドシートは乳児用・幼児用・学童用の3種類。兼用できるものも

乳児用

乳児は首や腰が据わっていなかったりするので寝かせるタイプのチャイルドシートになります。

ヘッドカバーが付いていたりして、大切な頭を保護できるようになっているものが多いです。新生児~1歳くらいが目安になります。

幼児用

自分でお座りできるようになってきたら幼児用タイプのチャイルドシートにします。シートは起こした状態になり、前向きで使用します。1歳~4歳くらいが目安になります。

学童用

車についている大人用のシートベルトが使えるように、子供の座り位置を高くするための座布団のようなチャイルドシートです。4歳~10歳が目安になります。

定番のチャイルドシート、人気のチャイルドシートにはどんなものがある?

combi ジョイトリップエアスルー

1歳から10歳頃まで使用できるロングユースタイプのチャイルドシートです。取り付けが簡単で軽量、小さな車でも場所を取らないスマート設計が人気の理由です。

Aprica ディアターンプラス

フルリクライニング設計と柔らかいクッションで包み込み、赤ちゃんが初めて外に出る退院時から使えます。シートが360度回転するため、無理な体勢になることなく乗せ下ろしが簡単にできます。

GRACO ジュニアシート

たくさんのデザインから選べるのが楽しいです。子供が大好きなアニメのキャラクターがデザインされたシートもあるので、好みが出てきて自己主張するようになってもこれなら喜んで車に乗ってくれそうです。

まとめ

最近売られているものはチャイルドシートのベルトを調節したりヘッドカバーの着脱が自在にできるなど、着用義務期間をすべて1台でカバーできるタイプのものや、まるごと取り外して眠っている赤ちゃんを起こすことなく室内に移動できるものなど色々なタイプがあります。

大切な子供の命を守るのは親であるあなたです。楽しみながら生活スタイルに合ったお気に入りのものを探してみてはいかがでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス