結婚式の時、「死が二人を分かつまで」という誓いの言葉がありますが、このほど米サウスダコタ州で63年間連れ添った夫婦が、わずか20分差で天国へ旅立つというニュースが報じられました。

ジャネットさん87歳とヘンリーさん85歳

Pinned from metro.co.uk

7月31日、長年アルツハイマー病を患っていたジャネットさん(87歳)と、前立腺がんで治療を受けていたヘンリーさん(85歳)が同じ介護施設の部屋で息を引き取りました。ジャネットさんが午後5時ちょうどに旅立つと、後を追うかのようにヘンリーさんも5時20分に天国へ。その差わずか20分という、まさに63年間いろんなことを乗り越え、慈しみ合いながら連れ添った夫婦らしい終焉でした。

1953年に二人は結婚

Pinned from metro.co.uk

朝鮮戦争の兵士だったヘンリーさんと、音楽家だったジャネットさんは結婚して5人の子供に恵まれ、63年という時代を超えて共に歩んできました。

アルツハイマーを患っていた妻ジャネットさんの部屋へ、入院先の病院からヘンリーさんは1日3回も足を運んでいたそう。彼自身も病と闘っていた最中だったのですが「妻が死ぬまで自分は死ねない」と思っていたのでしょうか。

31日、家族が二人の下へ呼ばれ、母のジャネットさんが息を引き取った最期を見届けた息子のリーさんは、父ヘンリーさんに「父さん、もう闘わなくてもいいんだよ。逝きたければ逝ってもいいんだよ」と声をかけたそう。

するとヘンリーさんは、自分の隣にいる息を引き取ったジャネットさんをゆっくり見た後、20分後に息を引き取りました。「二人とも、最期はとても安らかに静かに旅立ちました」とリーさん。

その時、何とも不思議なことが起きたとリーさんは後にメディアで語っています。父のヘンリーさんが亡くなって、リーさんが病室の時計を見た時は5時20分でした。そして、そのまま時計の針が動かなくなってしまったのです。

「暫くして自分の時計を見たら5時55分だったんです。でも病室の時計は父が死んだ時間で止まってしまっていました。偶然にも電池が切れたのかも知れないけれど、不思議だと感じました。」

もしかしたら、子供たちに自分たちの最期の時を覚えておいてほしかったのかも知れません。きっと、ジャネットさんとヘンリーさんの魂が重なり合った時間だったのではないでしょうか。

数か月前にも、テキサス州の自宅で58年間連れ添った夫婦が、家族に看取られながら手を繋いで数時間後に亡くなったことがニュースになりました。偶然のような奇跡は実際に起こることがあるもの。20分後違いで旅立ったジャネットさんとヘンリーさんも、きっとこうした奇跡の最期を迎えたのでしょう。

人の一生にもなり得る「63年間」という長い結婚生活を終えた後も、ジャネットさんとヘンリーさんは、きっと天国で仲良く過ごしているに違いありません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス