◆ 世界で唯一の「青いワイン」

出典 http://www.decanter.com

青いバラ、青いカレー、青いラーメンなどなど…。これまでに登場した様々な「青い●●」は何かと注目されやすいものですが、スペインで開発された青いワイン、「Gik」が今世界中の注目を浴びています。(※写真は広告用イメージです)

◆ ナチュラルな青いワイン、Gikとは?

出典 http://www.mirror.co.uk

この青いワインを開発したのは、スペインの新企業「Gik」。Gikはバスク大学の科学者や、食品技術センター・Azti Tecnecaliaの研究者などと協力し、およそ2年もの月日をかけて、世界で初めての青色のワインを開発しました。そのワインには会社の名前と同じく、Gikと名付けています。

◆ 開発のきっかけとなった1冊の本

出典 http://hide3.main.jp

共同創立者のAritz Lópezさんは、青いワインの開発について、「ブルー・オーシャン戦略」という本からインスピレーションを受けたとインタビューに答えています。著書には「ビジネスの市場は、同じものと限られた顧客(魚)をターゲットにした専門家(サメ)で溢れ、血みどろの競争が展開する赤い海になる。青い海を取り戻すためには、新しいものを革新的に作り上げることが必要だ」といった理論が書かれているのですが、ここからヒントを得て青いワインを開発しようと思い立ったんだそう。

ブルー・オーシャン戦略(ブルー・オーシャンせんりゃく、英: blue ocean strategy)とは、INSEAD(欧州経営大学院)教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュが著したビジネス書、およびその中で述べられている経営戦略論。日本語版はランダムハウス講談社から2005年に刊行されている。

出典 https://ja.wikipedia.org

◆ 伝統的な赤色から、革新的な青色のワインへ

出典 http://www.mirror.co.uk

ワインと聞いて誰もが思い浮かべるのは、まず赤色ですよね。他に白ワインなどがありますが、当然これまで青色のワインなんて存在していませんでした。Aritzさんはワインの色を「伝統的な赤色から青色に変える」為、6人の開発者を集めます。
青色のワイン、Gikに関わった開発者は全員なんと20代!また、全員がワイン作りの専門家ではないというのも注目されている理由のひとつです。

成熟したワイン文化が根付いているスペインという国で育った彼らは、「本当に革新的なものを創り出したかった」という。

出典 http://news.aol.jp

◆ どうして赤色が青色になったの?

出典 http://metro.co.uk

この青いワインには、スペインのラ・リオハ州、サラゴサ、レオン、カスティーリャ・ラ・マンチャ州の葡萄園で収穫された、赤葡萄白葡萄が使用されています。ん?でも、それじゃあ普通のワインと変わらないんじゃない?そう思いますよね。そう、青いワインは青い葡萄が使われている訳ではないのです。
つまり、葡萄の品種が重要なのではなく、その製造方法にポイントがあるのです。

出典 http://www.today.com

葡萄の皮に含まれる、天然色素のアントシアニンや、植物由来の染料であるインジゴを混ぜ入れることで、美しいサファイアブルーの青いワインを創り出すことに成功したんだそう。そのお味はノンカロリー甘味料を加えたスウィートワインのような、ほんのりとした甘味を感じる優しい味わいのようですよ。

アントシアニン(英: anthocyanin)は、植物界において広く存在する色素、アントシアン(英: anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英: anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分のこと。

出典 https://ja.wikipedia.org

天然藍の主成分。藍青色柱状晶。金属光沢をもつ。約 300度で昇華。分解点 390~392度 (封管中) 。水に不溶。アルカリ性水中で還元すると可溶性のインジゴホワイト (黄色) になり,これに繊維を浸してから空気酸化するとインジゴが再生され青く染まる。

出典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

◆ 青いワイン、是非飲んでみたい!

出典 http://www.boredpanda.com

そんな世界初の青いワイン、Gikは公式サイトにて購入可能なのですが、実は意外とお安く購入できるみたいで、現在は1本およそ11ドル(日本円で約1,126円)で発売中です。しかし残念ながら、現在はスペイン国内とフランス、イギリス、オランダ、ドイツからしか注文出来ないんだそう。今後はアメリカでの展開も検討しているようなので、海外旅行先で見つけたり、いずれ日本へ輸入されて来る事に期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス