記事提供:おたぽる

今月7日に放送されたTVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で、永遠の小学五年生であるカツオが「“大人の階段”を歩んだのではないか?」と話題になっている。では気になる話の内容を反響と共に紹介!

話題になっているエピソードとは、作品No.7477の『ピンクのそうめん』。市販のそうめんに、一束に2、3本ぐらいの割合でピンクのそうめんが混ざっていることがあるがそのピンクそうめんを巡ってカツオとワカメが喧嘩をしている場面から物語は始まった。

後日、カツオのクラスメイトの女子・早川さんが街でサザエと遭遇。そこでそうめんの話になり、早川さんはなんとピンクのそうめんを食べたこともなく存在も知らないようす。

そこで、サザエが今度早川さんを家に招待してピンクのそうめんを御馳走する約束を取り付けたのだった。これにはカツオは大はしゃぎ、想いを寄せる早川さんが家に来るとなって大興奮で準備を始めた。

しかしこの様子に視聴者からは「すっかり早川さんはカツオの嫁だね。一時期はカオリちゃんの方が出番多かったのに」「マジでカオリちゃん出番なくなったねぇ」

「年々早川さんの出番増えてるね。逆にカオリちゃんの出番ぐんっと減った」といったコメントが相次いだ。

最近『サザエさん』をあまり見ていないという人にとっては驚きだろうが、ここ最近の『サザエさん』では、完全に早川さんとカオリちゃんの立場が逆転しており、カツオの恋愛系の話だとほとんど相手は早川さんになっているのだ。

長いまつげ、小さな鼻、すっとした輪郭、綺麗な茶髪、大きなリボンの完全美少女フォルムのカオリちゃんではなく、面長で大きな鼻の早川さんが何故かヒロイン扱い・美少女扱いされていることには視聴者も困惑気味。

一部では、そのごり押しっぷりから“ゴリ川さん”なんて揶揄されている。

また、そのゴリ川さんっぷりに「近年のサザエさんのカツオがカオリちゃんじゃなくて早川さんで妥協してる感嫌い」「早川さんって美人ポジなの?カオリちゃんやウキエさんはまだなんとなくわかるけど」と、批判的な意見も出てきている。

さて、結局早川さんだけじゃなく、カオリちゃん、花沢さん、中島くんらも磯野家に来て、みんなで流しそうめんをするという展開に。

これにより、早川さんとカツオとの関係はなんとも進展せず、カオリちゃんにも挽回の余地は残されたかのように思えた。だが、この物語のオチでまさかの展開に発展してしまった。

流しそうめんをした日から数日たったある日、カツオは早川さんにピンクそうめん入りそうめんを届けに行く。

すると、家から出てきた早川さんは「お昼まだでしょ?お母さんはお友達の家に行ってるの」とカツオを家に連れ込んだのだ。

そして二人で食事をしているときに早川さんはおもむろに「磯野君。これ(ピンクそうめん)考えた人すごいと思わない?これを入れるだけでいろんなドラマがあるでしょ」とカツオを誘うように問いかけると、

カツオも「うん、喧嘩をしたり、“仲良く”なったり」と意味深なセリフを口にする――そして、そのまま物語は幕を閉じた。

この展開に「この後そうめんのように絡みあう二人」「やべぇ、早川さんが誘ってる!家でセックル展開だ!」「カツオ、ついに大人になるか」との声が多数上がった。

完全に正ヒロインの座を獲得した早川さん。今後一体カツオとどんな絡みを見せてくれるのか。カオリちゃんの挽回はあるのか。これからの展開に注目だ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス