記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

パスツレラ症とはなんですか?

パスツレラ症とは、パスツレラ菌と呼ばれる菌による感染症です。パスツレラ菌は4種類あり、猫や犬の口の中に常在菌として存在しているほか、鳥類にも存在します。

症状は菌に接触してから30分から2日くらいで出現し、猫はほぼすべて、犬も75%が保菌しているという非常に保有率の高い菌で、身近にこれらの動物のいる方は注意が必要です。

パスツレラ症になる要因を教えてください

感染源や感染経路

主に猫や犬などからひっかかれたり、噛まれたりして傷ができ、感染することが多いといわれています。

人側の要因

免疫力の弱っている人、お年寄りや糖尿病をお持ちの方、免疫不全などの基礎疾患をお持ちの方が感染しやすいといわれています。

ペット側の要因

猫はほとんど、犬も4頭に3頭が感染しているといわれますので、これらの動物にふれる機会のある方は誰でも感染しうるといえます。

ただ、猫の爪が伸びすぎないように手入れしたり、口の周りをなめさせるなどの習慣をつけさせないなどである程度の予防効果はあげることができるでしょう。

環境的要因

ペットを飼っている家庭では特に感染率が高くなります。
また、猫を外に自由に出しているとパスツレラ菌を持ち帰る確率が高まると考えられます。家屋が密閉性の高いものに変化していることなども発症増加の要因となります。

パスツレラ症によって引き起こされる症状

呼吸器症状

などの軽い感冒様の症状もありますし、非常に重い肺炎などを呈することもあります。

皮膚症状

かまれたり、ひっかかれたりしてけがをした個所に発赤や強い痛み、腫れなどを起こします。受傷から30分から2時間くらいで発症し、蜂窩織炎を起こすことが多いようです。

パスツレラ症の受診時の注意点を教えてください

受診時に、犬や猫などにかまれたり、濃厚な接触があったことを忘れずに伝えるようにしましょう。免疫が弱まっていると考えられる高齢の方、糖尿病や免疫不全をお持ちの方は特におかしいなと思ったらすぐ受診するようにしましょう。

パスツレラ症の治療はどのようなものがありますか

パスツレラ菌に効果のある「抗生物質」で治療することになります。

パスツレラ症の予防方法を教えてください

・犬、猫、鳥類との過剰な接触を避ける(特に免疫機能に問題のある方は)
・猫の爪はきちんと切っておく
・もし、ひっかかれたり噛まれたりしたら、すぐにしっかり消毒する
・異変を感じたら、すぐに受診する

≪自分には関係ないって思ってない?実は多くの人が感染しています≫
1分で簡単チェック【水虫度】を診断してみる

パスツレラ症の発症率と感染しないためのアドバイス

日本における発症率は、受診や診断に結びつかない例もあり信頼できる近年のデータは見当たりませんでした。
かわいいペットとトラブルなく長く暮らすためにも、キスや添い寝などの習慣は感染予防のため付けないようにしたほうが良いでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス