記事提供:いいモノ調査隊

たまご料理にはたくさんの種類があります。

スクランブルエッグや目玉焼きなら自分でもなんとかなりそうですが、だし巻きやトルティーリャ(スペイン風オムレツ)、きれいなプレーンオムレツともなると難易度が高そうです。

筆者が得意なたまご料理は、ゆでたまご(ちなみに関西出身の筆者は、「にぬき」と呼んでいます)。

「なんだ、ゆでたまごか~」とバカにしないでくださいよ。筆者が作るゆでたまごは、世にも珍しいゴールデンエッグ、つまり「金色のゆでたまご」なんです。

秘密はこちらの「eggxer (エグザー)」というグッズ

ゴールデンエッグとは、たまごの白身と黄身をまぜた状態のゆでたたまごのことで、割った時に見た目が金色になっているのがポイント。それでは、「eggxer (エグザー)」でさっそく作ってみましょう♪

たまごと比べていただいたらわかると思いますが、本体は結構でかいです

最初に底にある電池ボックスに電池をセット。LED用に単3形乾電池が4本必要です(電池は別売です)

本体のスイッチを入れるとLEDが点灯。まずは、たまごにヒビがないかをチェックします。ちなみにこれは、白い殻のたまごですが、この時の色をよく覚えておいてください

たまごを固定するコンテナ部分のフタをかぶせて閉じます

さらに本体のフタをかぶせればセット完了

レバーを真横に引っ張れば、ヨーヨーと同じ原理でたまごが回転し、黄身と白身が混ざっていきます。これを15~25回ほど繰り返します(電池で動くわけではありません)

ライトに当てて、たまごの殻が透けなくなったら完成です。先程の写真と色がまったく違うのがわかりますよね。後はゆでるだけ♪

殻をむくと、なんと黄金色に!

白身と黄身がよく混ざっているのがわかりますね。一部白いところが残っているのはご愛嬌ということで…

ゴールデンエッグは見た目がきれいなだけでなく、白身と黄身が混ざり合っているので食感もずいぶん異なります。

筆者は子供のころ、母親から「ゆでたまごは黄身のほうに栄養があるのだから、白身じゃなくて黄身を食べなさい」といわれていました。というのも、ゆでた黄身はなんとなく喉にひっかかるような感じがして、いつも黄身を残して白身だけを食べていたからです。

ゴールデンエッグならば、ほとんど白身だけを食べているような舌触りで、通常のゆでたまごとはまったく食感が変わります。筆者がそうだったような黄身が苦手な子供でも食べられるかもしれませんよ。

(2016年8月4日掲載)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス