記事提供:Conobie

翼くんがそうであったように、多くのミュージシャンがそうであったように、ムスコもウクレレと友達になった…。

知り合いの結婚式の引き出物カタログで何を思ったかウクレレを頼んだ。

それが、結構いい感じで届いたときは興奮して弾いてみたりもしたんだけど

そもそも、あんまり興味なかったのもあってあっという間にムスコのおもちゃ箱に突っ込まれた。

コレを、本物のギターと勘違いしたムスコ。

ちょっと待て?

将来、自分のムスコがギター弾けるのってカッコよくない?

私は弾けないけど、代わりにムスコに聞きたい曲をリクエストできるのって良くない?

そうとなったら、ムスコを乗せて本気にさせよう。

話は多少盛ったが、予想通りすっかりウクレレにはまったムスコはどこに行くにもウクレレと一緒。

ガムテープで紐をくっつけて肩から下げられるようにしてストリートミュージシャンのように持ち歩きいつでも自分が弾きたい時に弾いていた。

そして…どういうわけだかデビューの日

その自信は曇りなく、完全に豊島区在住ミュージシャン希望者のトップに立っていた。

・・・は?

地元の駅前でウクレレをかき鳴らすムスコの微笑ましい姿に周囲が暖かい視線を送ってくれているその最中

突きつけられたのは、純真すぎるムスコの願い。

生き恥晒して・・・・

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス