記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
2016年8月7日、シアトルマリナーズのイチロー選手が、メジャー通算3000安打達成しました。
前人未到の大記録を更新した天才は、なぜ42歳になった今もなお色あせぬ活躍を放っているのでしょうか。

その偉業の裏では、イチローの徹底した「怪我をしないための自己管理」が隠されているようです。今回はこの「イチローの自己管理方法」を医師に解説していただきました。

イチローの計算された筋肉作り3つのポイント

計算された運動ができるマシンの使用

トレーニング中にきちんと酸素の供給ができ、乳酸がたまらないような運動ができるマシンを使うことによって、精密に計算された希望通りの筋肉を作る効果が挙げられます。

しなやかな筋肉作り

イチローは大きく肥大した筋肉ではなく、弾力性のあるしなやかな筋肉をつけることを意識しています。
重量挙げの選手のような大きい筋肉ではなく、野球や本人のプレイスタイルに合ったけがから自分を守ってくれるようなしなやかに伸びる筋肉づくりをしているといわれます。

初動負荷トレーニング

動き始めに負荷がかかるような「初動負荷トレーニング」を行うことにより、筋肉に力を籠めすぎず、自然に筋肉が伸び縮みすることになるので、より自然に柔らかい筋肉をつけることができます。

いつもは使わない筋肉もまんべんなく鍛えてるようですね。

イチローは怪我をしないためのストレッチを重要視している

イチロー選手は、怪我をしないためのストレッチを非常に大切にしていることでも知られていますね。

毎日、同じメニューのストレッチをこなしていて、股割りなどの股関節のストレッチ、肩入れのストレッチなどは有名ですし、バランスボールを用いていることも知られています。

こうして身体をあらゆる動きに対応できるように柔軟にしておくことによって、突発的な動きにも対応しやすく、けがもしにくくなるものと思われます。

イチローが私生活で守っている3つのルール

生活のルーティンを大切にする

変化の多い生活は、楽しいこともあるものの疲れてしまうことも多いものです。
自分が心地よいルーティンを確立して、その繰り返しの中で生活することは、意外と大切なことに集中するために良い方法です。

スポーツ新聞は読まない

人間はどうしても人の評価にとらわれてしまうところがあります。
その影響を最小限に抑えるために、あえてできる限り余分な情報をシャットアウトするというのは私たちも見習いたい方法ですね。

自分がコントロールできるものに目を向ける

試合の勝ち負けや打率など、心を揺らすものを自分の気持ちの中から取り除くというのは、私たちの生活でも取り入れたいテクニックですね。

イチローの食事からみる栄養・メンタルの影響

栄養面

栄養面においては、独身時代はまったく野菜を食べなかったなど、世間で言われているイチロー選手の食生活は少し偏りがあるかもしれません。朝カレーなどが有名でしたが、近年ではやめているそうです。
イチロー選手の強いこだわりとして、牛肉の刺身、ステーキなどの肉を好む面や、16年間同じ栄養ドリンクを飲み続けているなどが見られます。

メンタル面

食事の面のみならず、何かにつけて強いこだわりを持つということ、自分なりのルーティンを持つということはうまく作用すれば自分だけの個性や強さにつながりますね。

≪日々の活力足りていますか?≫
1分で簡単チェック【運動不足度】を診断してみる

イチロー、偉業の裏には徹底した自己管理があった

非凡な記録の裏には、凡人ではなかなかなしえない徹底した自己管理があることがわかります。

ただ、ある程度の自己管理は私たちみんなにとって重要なこと。見習える部分は、見習ってしっかり自己管理をしていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら