記事提供:gori.me

もはやデザイナーがサボっているとしか思えない。もしくは米国特許商標庁がSamsungにナメられているのか。

Samsungが先日出願した特許「Wearable Device」の中にどう見ても「Apple Watch」にしか見えない画像が紛れ込んでいると話題になっていたので、紹介する!

出願内容の一部だが、それにしてもそのまますぎる…

今回出願した51ページに渡る出願内容すべてが「Apple Watch」のパクリ画像を使用している訳ではないが、今回紹介する画像は誰がどう見ても「Apple Watch」だ。これがパクリではないと言い切る方が難しい。

まずはAppleのオリジナル画像をチェックしよう。様々なカラー・モデル・ストラップが紹介されている。

こちらがSamsungの特許に使用されていた画像だ。トレースしてそのまま貼り付けたのだろうか。内容はウェアラブルデバイスにストラップを取り付けることに関するイメージ画像となっている。

他の画像は一般的なウェアラブルデバイスをイメージして描かれた画像となっているが、これらだけなぜか「Apple Watch」そのまま。なぜこうなった。

ここ最近のSamsungはあまり「Appleのパクリ」感がなく、「テック界のコピー忍者」の座はXiaomiがしっかりと引き継いだような印象があったが、残念ながら一部ではまだコピー文化が残っているようだ。やっぱりデザイナーがサボってるんじゃないかな…。

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!

各モデル>Apple Watch Sport/Apple Watch/Apple Watch Edition/Apple Watch Hermès

アクセサリ>バンドとストラップ

出典:Cult Of Mac

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス