現代人の必須ツールとなったスマホ。無いことを考えるだけでも恐ろしい…と思ったことはありませんか?そう思ったアナタはすでに立派な「スマホ依存症」です。スマホの利便性を考えると必要なものと感じてしまいますが、デメリットも多く存在しています。そのため、脱スマホによって得られるメリットはかなり大きいのです。

そこで今回は、スマホ依存から脱却する方法についてご紹介します。

スマホ依存症がもたらす生活や身体への悪影響

「寝るときもすぐそばにスマホを置く」
「充電が切れると落ち着かない」
「トイレやお風呂にもスマホを持って行く」
「仕事中もSNSなどの更新状況が気になる」

出典 http://sp.lalu.jp

これらの項目に当てはまっている人は、「スマホ依存予備軍」かもしれません。スマホ依存になることで、いろいろな影響が出てきます。

ブルーライトを長時間浴びることで視力が悪くなったり、肌にダメージを与えたりと、健康面に弊害が出てしまうことも。社会問題にもなっている歩きスマホなどは、人にぶつかったり、交通事故につながってしまうという可能性も0ではありません。

さらに、なんでもスマホで検索して済ませてしまうため、自分で考える力が弱くなり、脳の退化も懸念されているのです。

もしスマホ断ちを行ったら、どんなメリットがあるのか?

SNSの利用を断つと、今までSNSに費やしてた時間を現実の用事に使えるようになります。拘束感などの精神的ストレスから解放されることで、仕事や勉強などの作業自体も捗るでしょう。そして、生身の相手を目の前にした交流の機会が増えることで、周囲の人との信頼関係を深めることができます。

出典 http://jijico.mbp-japan.com

スマホを無駄に見る時間が減り、そのぶん時間に余裕が生まれます。さらに、ネットを見なくなることで、スマホの使用料金を抑えることができるというメリットも。ネットの検索機能や地図を使わないことで、自分の頭で考えるようになり、思考力や脳の活性化を図ることができるようになるのです。

実際にスマホ断ちをした人はどう考えているのか?

スマホ依存になってしまうと、“スマホがないと生きられない”という生活になってしまいます。まずは、期間を決めてスマホ断ちをしてみるとよいかもしれません。使わないことが習慣になり、無くてもいいかもということに気づかされます。

当時は毎日12時間近くネット接続している生活でしたが、思い切って1か月間SNS断ちをしました。メールは1日朝夕2回のみ。電話は使えるようにして、あとは仕事で使うFacebookのメッセンジャーアプリだけを残し、SNSのアプリは全部削除。

最初のうちはSNS経由で仕事の連絡が来ているかもしれないと心配になりましたが、用がある人は電話やメールをくれますし、むしろ気持ちがラクになりました。

出典 http://www.cafeglobe.com

考え方がシンプルになり、余計な悩みごとをしなくてもよくなったようです。もともとスマホを使用していない人の中には、「なぜ持たなくてはいけないのか?」と感じている人も多いようなんです。

スマホを使う側からすれば目からウロコな意見ですが、使わない側からすれば当然のことのなのかもしれません。なんでもスマホに頼りすぎずに、スマホは本当に必要なのかを考える必要がありそうです。

スマホに依存しないストレスフリーな生活を望む人が増えている

現在はストレス社会ですが、そのストレスをスマホで解消しているという人も多くいます。しかし、一方ではそれがストレスになってしまっている場合もあるのです。

SNSで友人のリア充っぷりに落ち込んだり、LINEで既読スルーされたことが気になったり…。気づけばスマホ操作にかなり時間を費やしてしまって時間が足りない、なんて方もいるかもしれません。

「無駄な時間を過ごしている」「人付き合いが疲れる」と感じた人たちは、スマホ断ちをしてストレスフリーな生活をしたいと望んでいるようですね。

スマホ断ちをするための具体的な方法とは?

・スマホの使用時間を知る

出典 https://itunes.apple.com

スマホ断ちをするのは、まずは自分のスマホ利用時間はどれぐらいなのかを把握することが大切です。しかし、使用している時間を自分で計るのは少し面倒ですよね。実はスマホの利用時間を計測することができる無料アプリが登場しているんです。日本語対応のものもあるので、自分にあったものを探してみましょう。

1日の使用時間を決めて少しづつ減らしていくことで、目標の達成感を味わうことができます。

自分が一日の間にスマホを4時間も見ていたということにショックを受けました。 必要なことに使っていればいいのですが、私がやっているのはだらだらとSNSやネットを見ていただけです…
こんな結果を見たら、もうスマホ使うのやめよう(T_T)と思いました。

また、MomentはGPSを使用しないと測定できない仕組みになっています。GPSをずっとつけっぱなしなので、バッテリーの消耗が早いです。
バッテリーを消耗させないために、自然とスマホを触る時間が減ります。

出典 http://www.wakalight.net

こちらは「Moment」というアプリを使った方の感想です。

・アプリを断捨離

Licensed by gettyimages ®

待ち受け画面はアプリでぎっしり!という人も多いと思います。そこで、この機会にどうしても必要なもの以外はすべて削除してしまいましょう。ニュースサイトやゲームなど、無くても困らないものは画面から排除してしまうのです。これならスマホを触る時間が少なくなるので、自然とスマホ断ちできるようになります。

・スマホからガラケーに機種変更する

Licensed by gettyimages ®

自分の意思だけではどうにもできない場合には、環境を変えてみるのはいかがですか?“スマホが使えない“という状況を作りだすのです。一番簡単な方法が、スマホを解約してガラケーに機種変更すること。かなり思いきった決断が必要になりますが、ガラケーにすることでスマホよりも使用時間を減らすことができます。

メールだけ使える料金プランに変更するのもおすすめです。

心に余裕ができるようになりました。

スマホ持ってると、エレベーターの待ち時間でも触っちゃったり、電車の中でもずっと触ってて
何か触ってないと暇だったけど、そういう時間にちょっとぼーっとするのって心にとって大切だと思います。

しかも、別に見なくてもいいものを見てたんだなと気付きました。
別に触らないから不便なことなんてないので。

出典 http://abemasahide.com

スマホは、日常生活では欠かせないアイテムとなりました。しかしスマホに依存してしまうことで、いままでの生活のリズムを大きく狂わせてしまうことになる可能性も。大切なことは、自分にとってのスマホがどんな役割を持っているのか、きちんと意識することなのかもしれません。

スマホ断ちをして、もっと人生を有意義に過ごしてみませんか?

この記事を書いたユーザー

鳥羽花子 このユーザーの他の記事を見る

広告代理店勤務を経て、結婚後フリーライターに。

エンタメやグルメ、ネットでの流行など幅広く興味があります。
子育てのかたわら、休日はカフェで執筆作業が息抜き。
話題の出来事をわかりやすく、公平な視点で書いていきたいと思います。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 社会問題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス