記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
皆さんアイコス(iQOS)やプルーム(Ploom)と聞いて何のことかわかりますか?じつはこれらは「電子タバコ」と呼ばれるものです。
電子タバコは香りやニコチンを含む液体を蒸気や微粒子としたものを吸入するもので、火を使って燃やしておらず、逆に吸うために充電が必要なことが特徴です。

今回は電子タバコ、そして今話題のアイコスの健康面への影響などを医師に解説していただきました。

アイコスとは?

アイコスなどは火を使っていないため、タールなどの燃えることによる有害物質を減らすことができます。ただ、タバコ依存の原因とされているニコチンは含まれていますので、非喫煙者が用いるのは推奨されていません。

一般的に電子タバコは有害物質が少ないとする報告が多いですが、逆に成分を液体化する際の溶媒などタバコに含まれない種類の有害物質が含まれているとする報告や、吸入により肺炎などを起こす人がいたとの報告もあります。

普通のタバコからアイコスに変えるメリットとは?

もちろん、可能であれば禁煙外来などを用いて禁煙を目指すのがベストです。しかし、それができない場合に、果たしてアイコスのほうが健康的かどうかについてはまだ検討中という段階ですが、タールなどの発がん物質は減ることは確実にメリットといえるでしょう。

一方で、そのほかの慣れていない成分により肺炎を起こす可能性や、いまだ明らかになっていない発がん物質などが後から報告されるかもしれません。
(がんが発生するまで長期間継続的に電子タバコと普通のタバコを吸った人を比較した研究はまだされていません。)

また、煙やにおいを気にしてやめるというインセンティブを減らしてしまうという可能性もあります。

アイコスの副流煙は?

副流煙は、タバコの先から出るものと、吸った人の吐いた息に含まれるものがあり、そのどちらも電子タバコのほうがかなり少ないといえるでしょう。
そのため、他者に対してはタバコよりは思いやりのある選択かもしれません。

ただ、欧米では禁煙の場所は電子タバコも禁止する傾向が強まっておりますので、日本でも禁煙の場所で電子タバコを吸うことはタブーとなっていく可能性が高いかと思います。

医師からみて、禁煙目的でアイコスに変更することはどうですか?

いろいろな考え方があるとは思いますが、禁煙する際にネックとなるのは、「ニコチン依存」と「タバコを吸う習慣」といわれています。

アイコスなどニコチンを含む電子タバコへの移行は、いずれも解消していないので、禁煙に向けての第一歩とは言い難いです。

禁煙を目指すのであれば、まず自分でスパッとやめてみる。それで難しければ禁煙外来に相談するというのが近道です。

≪喫煙者必見! あなたのニコチン依存症度を測ろう!≫
あの人のニコチン依存度はどのくらい?【ニコチン依存症】チェック

医師からのアドバイス

アイコスなどニコチンを含む電子タバコが日本でも普及するようになってきました。
においがつきにくいなどのメリットはありますが、健康に関しての影響はタバコよりおそらく良いのではないか?という段階でこれからの研究をまつ必要があります。

現状ではあくまでタバコの代替品と考え、タバコを吸っていない人が電子タバコは安全だからと手を出さないようにしてほしいものです。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス