靴を新調したものの何かしっくりこない。また、長年履いている靴の履き心地が以前に比べて良くないように感じられるといった時には、靴のインソール(中敷き)を交換することで改善される場合があります。

靴のインソールといっても種類はさまざまで値段もピンキリ。どれを選べばよいのかわからないという時に便利なのが、100均チェーンで販売されている交換用インソールです。

今回はインソールの中でも足にフィットして履き心地の向上が期待できる立体的な構造のものをピックアップ。似ているようで意外に違いが大きい、各100均チェーンで販売されているインソールの違いやオススメの場面などを解説していきます!

スポーツインソール(セリア) オススメ度:★★★★☆

出典 http://mitok.info

100均チェーン、セリアで販売されている立体構造のインソール「スポーツインソール」。商品名前に“スポーツ”とあるようにクッション性と立体的なヒールカップで運動機能をサポートする、というのがウリのインソールです。

出典 http://mitok.info

ウレタンとポリエステル製で色は水色。厚みは位置によって異なりますが4、5ミリ程度で土ふまずとかかとの部分にはしっかりとした高さがあるのが特徴です。表面はサラサラとした手触りで裸足で靴を履いても快適に過ごせそう。

出典 http://mitok.info

しっかり厚みのあるウレタン素材は適度な反発がありクッション効果が実感できるもの。使用する人の足の形にもよりますが、土ふまずやかかと部分のカーブのフィット感も快適です。

セリアの「スポーツインソール」は、長く愛用してボロボロになってしまったスニーカーのインソールの交換用として最適な一品。もちろん、それ以外のカジュアルシューズや革靴などに使用すれば履き心地は向上します。

履いている靴のクッション性やフィット感に不満があるようなら、高級なものを買う前にまず「スポーツインソール」は試して損なし。

ただ、色が鮮やかな水色なので、靴によっては違和感を感じる場合はあるかもしれません。

カップインソール(ダイソー) オススメ度:★★★☆☆

出典 http://mitok.info

ダイソーオリジナル商品として販売されている立体インソールが「カップインソール」。いくつかインソールの取り扱いがある中でも、“快適なクッション性”“足にフィットする立体成型”をウリにした商品です。

出典 http://mitok.info

カラーは黒で厚みは2、3ミリとやや薄め。ポリエステルとEVAが使用され、手ですんなりと曲がる柔らかさが特徴です。

裏面には歩く動作に合わせてインソールが曲がりやすいよう溝が切ってあるのもほかにはないポイント。土ふまずの部分は薄めになっていますが、かかと部分にはしっかり厚みと高さがある構造です。

出典 http://mitok.info

薄めの素材は反発力が弱く、クッション性もやや弱め。スニーカーなどの場合はもともと入っているインソールのほうが厚みがありクッション性も高い場合が多いかもしれません。

薄い土ふまず部分のフィット感は弱めですが、かかとはすっぽりハマるようなフィット感があり不自由ナシ。

ダイソーの「カップインソール」は、スニーカーのインソールの換えとしては薄さを感じるかもしれませんが、革靴などに使用するならフィット感やクッション性の向上が期待できる出来。よく履く革靴やブーツに使用して、快適に過ごすといった目的にオススメです。

薄めなので現在入っているインソールの上に重ねて使うこともできます。

3Dインソール(ローソンストア100) オススメ度:★★★☆☆

出典 http://mitok.info

「3Dインソール」はローソンストア100で販売されているオリジナル商品。パッケージでは“衝撃の緩和”“披露の軽減”と効果が解説されています。今回取り上げる中で、唯一“抗菌・防臭”をうたっているのも「3Dインソール」の特徴です。

出典 http://mitok.info

厚みは3ミリ程度でやや薄め。土ふまず、かかと部分など部位によっての厚みの違いが少ない形状になっています。材質にはEVA、ポリエステルのほか綿を使用。

出典 http://mitok.info

土ふまず部分、かかと部分は立体的な作りで靴の内側に沿うようになっていますが、フィット感は弱め。全体が均一に近い厚みのせいかクッション性もそれほど強くはありません。

ローソンストア100の「3Dインソール」も先に紹介した「カップインソール」同様、スニーカーのインソールに使用するよりは、革靴やカジュアルシューズと組み合わせて使うのがオススメ。

特に、平らな作りの革靴などに使用すればフィット感やクッション性の向上を実感できます。また、クッションなどはそれほど求めない場合に抗菌・防臭効果目当てで使うのもアリでしょう。

キャン・ドゥ「脚長タイプインソール」「クッションインソール」

出典 http://mitok.info

キャン・ドゥでは立体構造のインソールの取り扱いはありませんが、クッション性をウリにした「クッションインソール」、厚みがあり足が約1.2センチ長く見えるという「脚長タイプインソール」といった他にはないちょっと変わったインソールが販売されています。

「クッションインソール」は“やわらか反発”をうたったふんわりとしたクッションが特徴。かなりの柔らさで体重をかけると潰れてしまいあまり反発が感じられなくなってしまうので、今入っているインソールと交換するのではなく、重ねて使うのが良いかもしれません。

「脚長タイプインソール」は、立体構造ではありませんがしっかりした厚みがあるのに加え、体重をかけてもあまり潰れない硬さがあります。

今回試してみた100均チェーン各社の立体構造インソールでは、フィット感やクッション性の高いセリアの「スポーツインソール」が特にオススメ。スニーカーや革靴、カジュアルシューズ、ブーツとどんな靴と組み合わせても快適に過ごすことができます。

ただ、色や履き心地は人によって好みの異なる部分ではあるので、気になったものがあったらそれ以外も試してみるのがオススメです。

どれを買ってももちろん100円。気に入った靴の履き心地を自分好みに合わせるためだと思えば、全種類履き比べてみても高くはないんじゃないでしょうか!

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス