記事提供:まだ東京で消耗してるの?

日本の男性育休取得率は、明らかに低すぎです。なんでこんな現状なんでしょう。

東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長の渥美由喜さんによる、すばらしい記事が日経に掲載されているのでご紹介です。

なんちゃって育休。

ちょっと古いですが、2013年の記事。

男性の育児休業取得率がガクンと低下した。2012年度の男性の育児休業取得率はわずか1.89%で、前年度の2.63%から0.74ポイント減少。

安倍晋三首相は「『女性が働き続けられる社会』を目指すのであれば、男性の子育て参加が重要」と成長戦略の中で打ち出しているが、これに逆行するかのような動きだ。

男性の育休取得が激減…背景に「パタハラ」:日本経済新聞

出典 http://style.nikkei.com

何が驚くかって、取得期間の短さ。これは育休って言わない!

たとえ育休を取ったとしても、期間は短い。

「1~5日」が4割、「5日~2週間」が2割と2週間未満が6割を占める。育休取得者の割合はここ10年微増しているものの、その大半が1カ月未満という短期の取得者だ。

(中略)つまり、男性の大半が数日から数週間の「なんちゃって育休派」なのだ。

出典 http://style.nikkei.com

お子さんをお持ちの方であれば、「1~5日」の休みが、どれほど役に立たないものかは、よくご存知でしょう

これ、「取得の時期」も知りたいですね。もしも「1~5日」の休みが「産後直後」だとしたら、母子はまだ入院中でしょうから、父親は手みやげをもって病院に行くくらいしかできません。

母子の退院と同時に、仕事が始まる流れになってしまいます。まさになんちゃって育休!それ普通にただの有給じゃん!

ちっとも増えてません。

2016年の調査でも、現状はちっとも!変わってませんヤバいですね日本。

厚生労働省が26日発表した2015年度の雇用均等基本調査によると、男性の育児休業取得率は2.65%となり、1996年度の調査開始以来、最高となった。

前年度に比べ0.35ポイント上昇し、これまで最も高かった11年度の2.63%を更新した。ただ、男性の取得率を20年度までに13%に引き上げるとする政府目標には遠く及ばず、低水準にとどまっているのが現状だ。

男性の育休取得2.65%=過去最高でも水準低く―15年度 (時事通信) - YAHOO!ニュース

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

2011年が2.63%。2016年が過去最高の2.65%。もはや誤差の範囲!! なんども確認しましたが、26.5%ではありませんでした……。

とはいえ、みんな育休は取りたい。

という感じで見ると「日本の男どもはほんとしょーもないな!!」という感じですが、彼らの気持ちは違うようです。

東京都が行った別の調査では、育休の取得を希望する男性の割合は68.9%だと報告されています

ということは、取得率をざっくり差っ引くと、6割近い人々が育休の取得を「我慢」していることになります。

これぞブラック社会という感じですね。人間の尊厳がろくに守られていない。

日本でサラリーマンやっちゃだめです、ほんとうに。かくいうぼくも子育てしたくて、会社を辞めて独立しましたから。サラリーマンやりながら育児とか無理っす。

「パタハラ」の問題も

さらに、記事中では「パタハラ」の問題も指摘されています。ゴミ上司すぎる!

上司: 「なんで、男のおまえが育休なんて取るんだ。キャリアに傷がつくぞ」

Aさん: 「たかだか4カ月のブランクでキャリアに傷がつくとしたら、僕がそれまでの人間だったということです」

上司: 「子どもの教育費は何千万円もかかるんだぞ。いっぱい残業して金を稼ぐ。これが家長としてのあるべき姿だ!」

Aさん: 「うちの場合、妻の方が給料も高いので妻を世帯主にしているんです。僕は家長ではありません…」

上司: 「そういう問題じゃない!バカモノ」

出典 http://style.nikkei.com

マンガかよ!実話かよ!泣けてくるね!

ぼくの知人(男性)でも、「育休1年取りたいんですが……」と言ったら周囲から嫌な顔をされて、結局諦めることにした方がいます。もちろん!その会社では制度としての育休は用意されています。

が、現場レベルでは「育休拒否」が行なわれているわけですね。奴隷労働かよ……。

具体的な解決策

さて、記事中で、渥美さんは次の三つの解決策を提案しています。いずれも強く共感します。

1. 男性の育児参加に先進的な取り組みをする企業の助成・表彰
2. 育児のための短時間勤務に対する所得補償の導入
3. 育児休業中のテレワーク(在宅勤務を含む)の認可・推進

出典 http://style.nikkei.com

あえて付け加えることがあるとすれば、これらの解決策を実現するためには、ぼくらの意識を変える必要があります。

日本人の意識は古くさいとしか言いようがありません。「少子社会に関する国際意識調査報告書」によれば、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」という考え方に賛成する人の割合は、男性で65%、女性で56.8%だそうです。ヤバい!

この価値観に「反対する人」の割合も、国際的に見て圧倒的に低いです。スウェーデン男性は74.5%が反対しているのに対し、日本ではなんと8.2%。

ほんとうにヤバいですよね、日本。「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」って、戦前かよ。日露戦争くらいの価値観じゃないかそれ?

そもそも、妻が家庭を守っているだけじゃ、ワーキングプアになりますよ。バブルじゃあるまいしねぇ……。

在宅勤務を進めよう。

引用した記事にも「育児休業中のテレワーク(在宅勤務を含む)の認可・推進」という解決策が提案されていますが、現実的に考えれば、これがもっとも合理的でしょうね¥。

関連記事:日本の男たちの「育休」の取得状況がウンコすぎてヤバい!…解決策はこれです。

在宅勤務が許容されるようになれば、育児中の男性も、仕事をある程度継続することができます。

業務量を半分に落として、在宅で育児をする。その代わり、給料は25%減とするみたいな働き方が広がることは、会社にとっても本人にとってもメリットがあります。

というわけで、育休を取得したい男性陣におきましては、人事部あたりに「在宅勤務ができるように制度を作ってくれ!」と嘆願するのがいいでしょう。

それで動かないような会社はダメな会社なんで、まぁ、さっさとやめるのがおすすめです。こどもは刻一刻と育っていきますからねぇ……。家庭と仕事、どっちが大切なの?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス