オバマファミリーはこの夏、サマーバケーションを楽しむためにマサチューセッツ州にあるマーサズ・ビンヤード島を訪れました。
その時に現れたオバマ大統領の愛娘、マリア・オバマさん(18歳)サーシャ・オバマさん(15歳)の姉妹がまるでファッション雑誌のモデルさんのようだとメディアが報じてます。

マーサズ・ビンヤード島に到着しエアーフォースワンから降機するオバマファミリー

出典 http://www.dailymail.co.uk

ミシェル婦人(前方左)が着ているロイヤルブルーのドレスも素敵です。
この母にしてこの娘ありといったところでしょうか。
マリアさんサーシャさんのファッションもさりげないワンピース、スニーカー落ち着いたデザインのバッグなどが上品さを醸し出しております。

次女のサーシャさん(左)長女のマリアさん(右)

出典 https://www.yahoo.com

長女のマリアさんの素敵な白いサマードレスは、今年6月の高校の卒業式にも着ていたそうです。よほど、お気に入りのサマードレスなんでしょうね
妹のサーシャさんはストライプのVネックのシャツに白のタイトスカート、首元には、いまトレンドであるチョーカーというスタイルです。
とってもシンプルなんですが、どうしてこうもカッコよく見えるんでしょうね。

中身は表を現すのでしょうか?

たぶん日本人の筆者がマリアさんのサマードレスを着ても「リングの貞子」になっていしまいそうです・・・。

マリアさんのちょっとした仕草がもうファッションマガジン「COSMOPOLITAN」の1ページになっていしまいそうです。
ちなみに、姉のマリアさんは今年高校を卒業しボランティアなどに携わりたいという彼女の希望からギャップイヤーを経て来年の秋にハーバード大学に進学だそうです。
容姿といい才女といい、天は二物をあたえるのですね(笑)

ちなみに、姉のマリアさんは将来モデル志望とのウワサもあるようです。
よって各国のファッションサイトにマリアさんの記事が取り上げらえる事も多々あるようです。

これまでのマリアさんのファッションをご覧ください。

普段のマリアさん

出典 http://www.starpulse.com

↑これだけの容姿ならウワサがでてもおかしくないですね。

愛犬と一緒のリラックスした印象のスタイル

出典 http://www.theblondesalad.com

↑オバマ家では、「ボー」と「サニー」という”ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ” というかなり珍しい犬種の犬を二頭飼っているのですが写真は「ボー」と一緒にいるときの写真です。「ちょっとそこまで出かける」という時にもブラウスで清楚さを忘れない彼女の気遣いが感じられる1枚です。

イギリス首相官邸を訪れた時の1枚

出典 http://www.theblondesalad.com

↑ロンドンの首相官邸訪問の時の1枚です。
マリアさんはこのとき、赤色のケイト・スペードニューヨークのドレスを着用。
目の覚めるような「赤色」ですが決して派手過ぎず、上品さを醸し出せるのも彼女の魅力なのでしょう。

ホワイトハウス晩餐会にて

出典 http://www.instyle.com

↑今年開かれたホワイトハウスでの晩餐会に出席した時の1枚です。
Naeem Khanのショルダーストラップ無しのロングドレスが彼女の肩から胸のラインを綺麗に見せてくれます。
若干18歳でここまで、ロングドレスを着こなせるとはモデル業界も彼女を放っておかないでしょう。

昨年2015年家族でサマーバケーションの時のツーショット

出典 http://www.theblondesalad.com

↑これは昨年のオバマファミリーがサマーバケーションの時の父バラク・オバマ氏との1枚です。(すごくいい笑顔してますね!)
この時もやはりマーサズ・ビンヤード島で過ごしたようです。
デニムのドレスが快活さが増しそうなのですが首元のアクセサリーと彼女のロングヘアが女性らしさを醸し出しております。

オバマ大統領が大統領就任した2008年はまだマリアさんは10歳サーシャさんは7歳と幼かったわけですが、特に女性は成長が早いような気がします。

Licensed by gettyimages ®

↑写真は2004年大統領就任の4年前のものです。
マリアさん(6歳)サーシャさん(3歳)この頃はもっとたくさんの時間をオバマ氏と過ごせたのでしょう。

父、バラク・オバマ氏の娘たちへの心境

昨今、次の大統領選の話題が尽きませんが、これがオバマ大統領が大統領として家族と過ごす最後のバケーションとなりそうです。

オバマ大統領の家族への愛はいたるところで報道されて心温まるものがあります。
しかしオバマ大統領は大統領になる前ほど娘たちと同じ時間を過ごす事が少なくなった事を雑誌のインタビューで語っております。

「彼女たち(娘たち)は私のことを愛しているけれど、本当に私に一番影響を与えるには、時間がないのです」と、オバマ大統領は雑誌「GQ」のインタビューでビル・シモンズ氏に語った。

「私のことを積極的に(娘たちは)軽蔑しているわけではありません。カレンダーが予定で一杯になりはじめ、はるかに興味を起こさせてくれる友だちを得たということでしょうね」


「娘たちがティーンエイジャーになり、自分のために時間を作ってくれないのは悲しいが、自分より“スマートでかっこいい人間”に育っていくのを見守ることには価値がある」と語った。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

そして諦めなければならないこともある。「なあ、この映画を見に行かないか?」とか「プールに泳ぎに行かない?」というと、「ごめんなさい、パパ。愛しているけど、今夜は友達の家に行くことになっているの。また明日ね」という答えが返ってくることを認めなければならない。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

世の忙しい、お父さん、またはお母さんも心当たりがあるのではないでしょうか?

しかしオバマ大統領は、子供たちが幼い頃、たとえ一緒の時間を取れなかったとしても、自分を愛してくれて、なおかつ自分より知的でカッコイイ人間に育ってくれたらそれで見守ってきた価値がある、と言っているのです。

いかがでしたでしょうか?
もうすぐ大統領の任期を終えるオバマ大統領ですが任期終了後、今度は成長した二人の娘さん達と新たに一緒の時間を過ごす事ができるといいですね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス