記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
底冷えというと、冬場に家の中などが床下などから全体に冷え切ってしまった状態をイメージする方が多いのではないかと思いますが、最近では真夏に私たち自身の体に「底冷え」が起こるといわれることがあります。
今回はこの「真夏の底冷え」について医師に解説していただきました。

底冷えの原因は冷房?外気温との温度差に注意!

夏場の底冷えは、特に一日中オフィスなどの冷房がよくきいた環境で仕事をされる方に多いと思われます。

外気温と室内の気温が、場合によっては10度以上にも及ぶことがある現在の生活環境では、内外の温度差に体がついていけなくなります。
結果、人間の発汗や体温調節などに大きな役割を担っている自律神経のバランスが乱れてしまい、血行が悪化して全身の冷えにつながり、

・肩こり
・頭痛
・便秘
・下痢
・むくみ
・生理の不調

などにつながったりする場合もあると考えられます。
これを真夏の底冷えと呼びます。

底冷え対策には生活習慣の改善が効果的!

この底冷えを改善するためにできることは私たちの生活の中にいくつもあります。
一つは、底冷えの大きな原因ともなっている自律神経を整えるために、ゆったり湯船につかって身体を温め、血流を改善する方法。

夏場は、暑さや身体の疲れなどから、ついさっと済ませられるシャワーで終わらせがちですが、夏こそ、特にエアコンの効いた環境下で過ごすことが多い方は、帰宅後時間をとって湯船につかり、しっかり体を芯から温める習慣を持つことは非常に大切です。

また、多くの方にとっては湯船につかることは非常なリラックス効果があるもの。こちらも興奮してしまった神経を整えるのにとても良い効果があります。

食事に夏野菜とスパイスを取り入れよう!

食事でも夏の底冷えケアをしてみましょう。具体的には、夏の底冷えで現れやすい症状の一つであるむくみを改善してあげることで、足の重だるさなどがとれ、すっきりすることが多いと思います。
むくみに効く食材としては、

・キュウリ
・ナス
・アスパラ
などがあげられます。

夏が旬の野菜も多く、おいしく食べられそうですね。ただ、食べ方によっては夏野菜は体を冷やしてしまうものが多いので、取りすぎや調理法には注意が必要です。

生野菜ではなく、スープなどとして温かく摂取するようにしたり、あるいはショウガなど体を温める効果のある食材と組み合わせて調理するといった工夫をしてみるとよいでしょう。

また、夏はカレーなどといいますが、これも底冷え対策に役立ちます。スパイスは体を温め、新陳代謝を賦活する役割を持つものが多いので、こちらも積極的にとって汗をかきながら食べるのもいいですね。
日本のカレーもよいですが、たまにはよりスパイスの含有量の多い、インドカレーやタイカレーなど、目先の変わったカレーにトライしてみるのもいいでしょう。

≪自覚がないだけで、実は内臓が冷えているかも…!?≫
冷え性だと自覚がない人も要注意!【隠れ冷え性】診断してみよう!

医師からのアドバイス

底冷え対策として、適度に体を動かすことも自律神経のバランスを整えてくれます。水泳や、マリンスポーツなどで汗を流してみるのも夏らしくていいでしょう。
せっかくの暑い夏、できるだけ底冷え知らずで過ごしたいですよね。
(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス