他人をあれこれ批判する人というのはどこにでも存在するもの。悲しいかなそれが社会なのです。米カンザス州カンザス市在住のレクシー・シンクレアさんは、生後4か月になる息子クリスチャンを連れて市営プールへ。

出産後間もない身体であったレクシーさんでしたが、お気に入りのレオパード柄のビキニを着用していました。プールで子供を遊ばせていると、レクシーさんの元へ一人の女性が話しかけてきました。

レクシーさんはこの女性から思ってもいない批判を受けました。そのことを自身のFacebookに投稿。プールで着ていたレオパードビキニの写真と共に心境を綴りました。

「なんでママはビキニを着ちゃいけないの?」

出典 https://www.facebook.com

50代ぐらいと思われる見知らぬ女性は、最初はレクシーさんの子供のことをいろいろ質問してきたそう。「『何か月?体重はどのくらい?』いろいろクリスチャンのことを聞いて、その後で私に視線を這わせて『あなたは母親なんだから、そんなビキニを着ていないでワンピースの水着を着たら?そうしたらプールに来ている男性も不愉快に思わなくても済むでしょう?』って言って来たの。『特にまだ産後間もないんだし』とも言われたわ。」

女性の批判を不快に感じたレクシーさんは、悪態をついてやりたい心境になったそうですが、グッとこらえ、笑顔でその女性に、自分の身体に自信を持っていること。私には愛してくれる夫がいて、正直、周りの男の視線など気にしていないこと。子供を産むことは素晴らしいことであって、私の体がどうであっても周りの批判は大きなお世話だということ。どんなに妊娠線が残っていても、産後間もなくても、自分なりに努力をして22kg増加した体重を16kg減量したことを語りました。

「確かに他の男の人にとっては、私の体は魅力的じゃないかも知れないわ。でも夫は子供を産んだ私の体を美しいと言ってくれるわ」と反撃。

レクシーさんの投稿には2万3千ものシェアとなり、「他の男は何も言ってなくて、その女性の偏見だけで批判してるだけでしょ?最低ね、その女」「あなたの体は素敵よ」「自分に誇りを持つっていいことよ。そのままのあなたでいるべきだわ」「母親だからってビキニを着ている女性を見て、多くの男性が不快に思うのだとしたら社会的に問題があると思う」といったレクシーさんを励まし、擁護する声が寄せられています。

母になっても女性は女性!

出典 https://www.facebook.com

子供を産んでも自分に自信があるというのは素敵なことだと思います。レクシーさんは、可愛い子供たちに恵まれ、素敵なご主人に愛され幸せな結婚生活を過ごしているのでしょう。そうしたことが女性への自信に繋がることは大いにあり得ること。

モデルのようにスタイルが良くて独身でなければビキニは着るべきではない、というのはただの批判にしかならないのではないでしょうか。

自分が良ければそれでいいじゃないか。そんな大きな心を持った人が社会に増えれば、こうした批判も減るのでしょう。レクシーさんのメッセージは一人の女性だけに対してでなく、社会全体の在り方を象徴しているかのようにも思えます。自分の価値判断だけで他人を批判しない生き方をしていけるような人間でありたいといつも思う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス