記事提供:幻冬舎plus

世界を飛び回る旅作家、小林希さん。訪れた国は50カ国、著書も多数ある旅のプロが選ぶ、今まで出会った中で人とイイ関係を結んでいる猫とは……?

文化や生活は違っても、猫を可愛がる気持ちは万国共通なんですねぇ。猫作家としても活躍されている小林さんが撮る、ほっこりした写真にも注目です!

No.1 イタリア ブラーノ島

それぞれの家の壁に赤やピンク、青など色を塗ったカラフルな街並のブラーノ島。昔、家を出て漁に出た夫が遠くからでも自分の家がわかるようにと、妻たちが塗ったのだそう。

観光客の少ない静かな裏路地を歩いていた時のこと。どこからか猫が現れて、ちょっとの迷いも見せずに赤橙色の壁の家へ向かって行きました。

慣れたように緑色の窓の下にくると「ニャー」とないたのか(その声は私には聞こえなかった)、中から住人の女性が出てきました。そして、猫は得意のジャンプで窓から中へ。

この島の猫たちもまた、自分の帰るべき家の色が分かっているかのように見えました。

No.2 ドイツ ディンスビュール

ドイツ南部の中世の面影が残る小さな町ディンケルスビュール。

100年ほど続く歴史ある老夫婦経営の可愛らしい宿があって、宿の看板猫のモーリィはオーナーのおじいさんの最愛の孫のように溺愛されています。

ゲストの私にモーリィの好きな遊びを披露しようと一生懸命。毛糸玉で遊ぼうとするのですが、よく見ると、おじいさんがモーリィに遊んでもらっているみたいで、思わずクスクス笑ってしまいました。

No.3 ペルー クスコ

アンデス山脈の標高3400メートルにある古代インカ帝国の首都だったクスコで、可愛らしい黒猫がインディヘナの女性と遊んでいる所に出くわしました。

私が近づくと、女性は笑顔で「ボニート(かわいい子でしょ)」と言って、手持ちの布をひらひらさせて、再び猫と遊び始めました。おそらく、その布は観光客への売り物だと思う……。

でも、仕方がない。猫を遊ばせているつもりが、いつの間にか遊んでほしくなってしまうのは、どこの国でも同じなのです。

No.4 キューバ ハバナ

トロピカルな楽園キューバの首都ハバナは、スペイン人によってつくられた古いコロニアルな建築が印象的です。

その街中を年代物のクラシックカーがガタガタと音を立てながら走り、道の傍らではキューバ人のおばあさんと白茶トラ猫がゆったりとした時間を送っています。

まるで、おばあさんのお話につきあってあげているような健気な様子が、とても微笑ましく映りました。

No.5 ルーマニア シナイア

ルーマニアのなかで最も美しいルネサンス様式のお城、ペレシュ城があるシナイアは、標高が900メートルほどの位置にあるため夏でも涼しいです。

ペレシュ城を見学し、壮麗な美しさに圧倒され呆然としながらの帰り道。はっと目が覚めたのは、目の前にたくさんの猫たちがいたからです。

傍には猫の面倒をみるおばあさんが愛おしそうに猫たちをなでてやり、チュッとキスをしていました。猫たちの甘えたい気持ちがこちらにまで伝わってきました。

そんな光景をみながら、豪華絢爛なお城もいいけれど、やっぱりこういう瞬間に出会いたくて、旅をしているんだよなあ、と改めて得心しました。

好評発売中!
『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』

仕事を辞めて日本を飛び出し5年。世界50カ国を旅し、数々の人間ドラマを目の当たりにしてきた小林さん。色々な国の人達との些細な、でも忘れられない出会いのストーリー22編を掲載しています。

小林さんと一緒に笑ったり泣いたりしながら、「この世界もなかなか捨てたもんじゃないな」「人と人との関わりって、温かいんだな」と思える一冊です。旅の一瞬を切り取った美しい写真もオールカラーで掲載しています。

《目次》
・サムライ好きな切腹上等のキューバのおじさんの教え
・恋愛事情の厳しいチュニジアでムスリム女子とガールズトーク
・亡き妻の保険金でフランスを旅する夫
・失踪した息子を探すために寄付金をスリランカで募る父親
・停電や地震があってもハイチで暮らし続ける日本人女性 ほか

2016年3月17日発売、定価(1200円+税

小林希(こばやし・のぞみ)

1982年東京都出身。大学在学中から海外をバックパッカーとして旅をする。写真部に所属。2005年サイバーエージェント入社。子会社のアメーバブックス新社で多数の書籍編集をした後、2011年末に退社、その日の夜から一眼レフを相棒に旅に出る。1年後帰国して、その旅を綴った『恋する旅女、世界をゆくーー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎)でデビュー。既に50カ国をめぐり、現在も世界を旅しながら執筆活動をする。傍ら、ネットやラジオ、雑誌などで旅や世界のネコなどをテーマにした取材をうけたりしている。また、瀬戸内海の秘境の無名の離島「讃岐広島」で、古民家を宿として再生する島プロジェクトを立ち上げ、「ひるねこ」をオープン(ボランティア)。 近著に『女ふたり、台湾行ってきた。』(ダイヤモンド社)、世界25カ国54の街で出会ったネコのフォトブック『世界の美しい街の美しいネコ』(エクスナレッジ)、長期旅でオス化した著者が女を取り戻す挑戦の旅を綴った『恋する旅女、美容大国タイ・バンコクにいく!』(幻冬舎)がある。
インスタグラム:http://nozomikobayashi.com/instagram/
ブログ「地球に恋する」http://nozomikobayashi.com
Facebook:https://www.facebook.com/nozoko.1007

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス