記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
晩婚化が進んでいる日本では、「高齢出産」が大きな課題となっているのではないでしょうか。最近では40代で命を授かるママさんも多いかと思いますが、高齢での出産というのものはどのような現状なのでしょうか。そこで今回は「40代の高齢出産」について、自然妊娠の確率や、のリスクなどを医師に解説していただきました。

40代の自然妊娠できる確率。

はっきりしたエビデンスのあるデータはありませんが、一般に妊娠率は年代を追うごとに低下していくことが知られております。
避妊せずに排卵日に合わせて性交渉を行った場合、妊娠する確率は25歳から30代前半で2.5~3割程度、30代後半で2割弱程度、40代前半では0.5割、40代後半では0.1割と下がっていきます。

ただもちろん、20代でも妊娠しにくかったり、40代後半でも自然妊娠が見られることもあり、個人差の大きい部分です。

40代の流産のリスクとは。

流産率に関しても、年代が上がるごとに上昇していくことが知られております。

30歳までであれば10回に1回、10%程度の流産発生率であるものが、35歳では2.5割、40歳では4割もの妊娠が流産に終わるとのデータもあるようです。

なぜ40代の妊娠率が低くなる?

40代で妊娠率が低くなる原因として挙げられるのは、まず卵巣機能が加齢によって下がってくることが挙げられます。

そもそも卵子の残っている数が減ってしまっているうえ、その残っている卵子にも染色体に異常があったりミトコンドリアなど、何らかの問題がある割合が増加してきています。

そのため、妊娠・出産に至るだけの質の良い卵を得ることから個人差はあるものの難しくなってくるということができるでしょう。

40代の不妊治療・サプリメント

40代で妊娠を望むうえで、個人差が大きい分野ですから不妊治療を必要とせずに問題なく妊娠・出産に至る方ももちろんたくさんいらっしゃいます。40代で2人、立て続けに子供を授かった、という方も時々いらっしゃいます。

しかし、子供を望む場合、何周期かタイミングで妊娠が成立しなかった場合には、不妊治療を考慮する時期は若い世代よりも早いほうが確率が高い、ということは言えるかと思います。

サプリメントに関しては葉酸などを摂取したほうがよい、という意見もありますが、そこは婦人科の先生と相談・確認の上、本当にその方の体に必要な、安全のものを選んだほうが良いでしょう。

医師からのアドバイス

40代の妊娠・出産をおこなうために、見直すべき生活習慣として、バランスの取れた食生活や睡眠、適度な運動習慣などは非常に大切です。また、喫煙や多量飲酒などはぜひやめましょう。

40代での妊娠・出産は不安になることも多いと思いますが、自分の仕事などがひと段落ついて、新しい命に恵まれるというのはまた、非常に素晴らしいことです。

ストレスをためすぎず、明るい希望をもって赤ちゃんを待ちたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス