記事提供:日刊SPA!

―木村和久の「オヤ充のススメ」その128―

先週の「めちゃイケ」で、10年ぶりとなる山本圭壱の地上波復帰が実現した。途中もらい泣きすることもあり、番組としては、なかなかの成功だったと思う。山本にとっては、長い10年だったが、前途は多難だ。

番組から垣間見えた、将来に対する漠然とした不安とともに、今後の道筋を考えてみたい。

めちゃイケでは、番組まるごと山本の復活特集で、宮崎までロケをして、レギュラー陣が山本と再会した。番組では山本は岡村や加藤に促されての謝罪となっており、これには山本と視聴者・出演者に温度差があったのは否めない。

山本は被害者に対してどう思っているのか?と聞かれて、数秒間があき、それから我に返って、土下座し謝罪した。あの間は何を表すのか?本音で言えば、もう10年経っているんだよ。またその話を蒸し返すのかと、うんざりしていると思う。

でも我々の山本圭壱時間は10年間、時が止まっているのだ。これは、しばらく謝り続けるしかないでしょう。

さて見事、地上波復活を果たしたが、山本は単に呼ばれるのを待っていた10年だったようだ。そこを光浦に指摘されて、言葉が出なかった。つまり、この勢いで「山本軍団」を再結成されてはかなわないのだ。

それってヤクザ映画でよく見かける、出所祝いみたいじゃないですか。「10年間、お勤めご苦労さんでした。それでは若頭に戻って頂きます」ってね。

ロンブー淳も言ってるが、周囲が「世話を焼きすぎた」のである。では、今後どうしたらいいのか?プランを3つほど勝手に考えたので、参考にして下され。

①島田洋七作戦

島田洋七のカムバックはお笑い界の奇跡だ。「がばいばあちゃん」の本は、最初自費出版だった。そこから数百万部売り上げますかね。

山本も全く違うジャンルのネタで勝負して、こまめにトークショーや講演会で客を呼び、最近面白いからって、呼ばれるのが理想だ。

じゃ何をしたらいいか。がばいばあちゃんをやれと言ったのは、ビートたけしである。山本の参謀は相方の加藤だ。彼はまっすぐな人間だ。

とりあえず、ふたりでライブをやるというが、最終的には山本ひとりで這い上がって来て欲しい。誰も邪魔はしてない。後は、山本の才能だけだ。芸能人の自負があるなら、人に頼らず、自分の芸を磨いて欲しいと思う。

とはいえ、がばいばあちゃん級のネタはそんなにない。芸のないやつは脱ぐしかないというわけで、これだ。

②痩せてみせる

中途半端な太りかたが、10年間何もしてないことを証明している。マツコデラックス級に太ったら、それはそれで芸になる。でも、それは今更無理だから、痩せてもらうしかない。

毎日懺悔のつもりで5キロぐらいから走ってもらう。これで1年かけて痩せれば、それなりに別人となる。テレビって、しょせんパッケージだから、別人に見えれば映っていいのだ。みんな小太りの山本の雰囲気に拒絶反応をしているのだから。

痩せた山本は、24時間マラソンのオファーが来るかもしれない。果ては「しくじり先生」からか?待てよ島田洋七師匠すら、最近「しくじり先生」に出演だから、ちょっと早いな。

山本圭壱の出番は、めちゃイケでパロディコーナー「おいじり先生」を作ってもらうのが妥当かも。いやあ、過去の不祥事をネタにしてウケたら、天才だよね。横山やすし以来ですよ。3年後ぐらいに期待したい。

③愛すべきデブキャラ

山本圭壱殿、あなたは10年間の休業期間で蓄えていたものは、脂肪だけですか?これもまた、彼らしいキャラではないか。それを受け入れ、しばらく何らかの懺悔企画、ボランティア企画、反省企画をやってもらう。

スタジオで芸人さんと一緒に出ると、若手は気を使って敬語で喋る。そこで先輩扱いされると、また軍団復活。この構図だけは辞めた方がいい。

しばらくは、「電波少年」みたいな、体を張った過酷なロケをやって、視聴者の共感を得る戦法が得だと思うんだが。あとは本人のやる気の問題ですね。

■木村和久(きむらかずひさ)■

トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス