突然ですが、皆さんはストック食材をどこに収納していますか?

家族の料理を一手に担う主婦としては、キッチンに「パントリー」があるお家は理想。

ですが、筆者宅はスペースの問題でパントリーを作ることが出来ませんでした。

しかし、東日本大震災時にスーパーの棚から商品が無くなるのを目の当たりにしたのをきっかけに、ローリングストックで食材を管理していこうと決意。

そこで、筆者宅の玄関にあったコートクローゼットに着目したのです。

数歩先にウォークインクローゼットがあるため、使い道もなく物置と化していたここ。

そこで、コートをかけるために取り付けられていたポールを外し、スチールラックを入れて食品庫として使うことにしました。

今回は、玄関先に食品庫を置くメリット、効率的な収納方法などをご紹介します。

■玄関先に食品庫があると、仕分けが楽!

水とお米は宅配便で届けてもらうことがほとんどのため、玄関先で受け取ってそのまま仕舞えるのがとても便利です。

特に筆者宅は2階にキッチンがあるので、まとめ買いをしている水を全て上の階に運ぶのは一苦労です。

なので、使う分をその都度1階の食品庫から持ってくるのは苦になりません。

また、普段の買い物でも、食品庫に一旦置いておくものは、玄関先で仕分けてしまいます。

そして、年間を通して家の中で1番室温が低い場所というのも大きなポイントです。

筆者宅の場合は2階リビングということもあり、温度差が顕著なのかもしれません。

食品を保管しておくにはこの室温の低さはとても重要だと思っています。

■スチールラックと収納グッズの組み合わせで収納力UP

このコートクローゼットは縦長のスペースなので、スチールラックを置いています。

スチールラックに他の収納グッズを組み合わせることで、格段に収納力が上がります。

無印良品のポリプロピレンストッカーをスチールラックにセットし、乾物類、調味料、缶詰、レトルト食品などを収納しています。

また、スチールラックに直置きすると倒れやすいものは、木箱を使って収納しています。

そして、通気性の良い場所に置いておきたい根菜類は、無印良品のステンレスワイヤーバスケットに入れています。

スチールラック上部にはイケアの収納グッズを置き、中にはラップ、スポンジ等のストックを収納しています。

玄関先に収納しているので、買い物のときも在庫の確認がしやすくとても便利です。

食品庫の1番下には、ペットボトルの水、お米、強力粉など重たいものを置くようにしています。

ただ1つ例外があります。お菓子の入ったバッグです。

■子どもが自分で用意できる

ここにはお菓子の買い置きを入れているのですが、紙袋も一緒にセットしています。

子どもがお友達のお宅へお邪魔するときにこの紙袋にお菓子を入れて持っていけるようにしています。

こうしておくと、筆者が留守の場合でも子ども自身で用意することができるからです。



いかがですか?

物置となっていた場所が、ほんの少しの見直しで収納力のある使い勝手の良い食品庫へと生まれ変わりました。

このように、キッチン以外の場所を見回してみると、思いがけないところに収納できるスペースがあるかもしれませんよ。

■収納を見なおそう

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス