アートや料理、スポーツなど様々な分野の第一人者の“匠の技”をSpotlight編集部が独占撮影するコーナー「匠なムービー」。今回紹介するのは「とんぼ玉作りの職人技」です。

とんぼ玉とは?

とんぼ玉とは、穴の開いたガラス玉のこと。模様のついたガラス玉をトンボの眼に見立てて「とんぼ玉」と呼ばれているそうです。かんざしなどのアクセサリーに使われていると言ったらピンと来る方もいるのではないでしょうか?

1000度以上の炎の中でガラスを溶かす

今回撮影に協力いただいたのは、東京を中心に全国で個展を多数開催しているとんぼ玉作家の小野遼さん。多くの人にガラス細工を親しんでもらうために『スタジオ楽卯(らくう)』を設立するなど、精力的に活動しています。

1000度以上の炎の中で2色以上のガラスを溶かし、棒に巻きつけて作るとんぼ玉。思わず見とれてしまう職人技をご覧ください。

溶かしたガラスを巻きつける!トンボ玉作りの職人技

出典 YouTube

「Spotlight TV」でオリジナル動画を配信中!

「SpotlightTV」では、お得なプチプラ情報から思わず見入ってしまうスゴ技動画まで、バラエティに富んだオリジナル動画を配信中。いいねやチャンネル登録をしていただいた方には、最新動画をいち早くお届けします!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス